マッチョと文章とパン


文章を書くには、
体力が必要だ。
頭の中に詰まっている情報を、
グルグルグルグルかき回し、
核のようなものを取り出し、
誰かに伝える作業は、
1、5キロ走ぐらいに疲れる、
産みの苦しみを伴う。
不登校の子供と暮らしたことがある。
頭が良く、
沢山のことを知っている子が多かった。
けど、
その頭の中身を、
グルグル捏ねて表現する為の、
体力が無い子が多かった。
その頭の中身を出し切れない、
ジレンマが辛いんだな〜、
とその時思った。
パンをグルグル捏ねて焼くのも、
なんだか似ています。
いいパンを焼くには、
体力が必要です。
ということで、
夏場に向けてランニングを再開しました!
あと、、
「ロッキー・ザ・ファイナル」も観に行きます。
「Boulangerie deRien」

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    走ってる時って考え事するにはいいんですよね。
    誰にも邪魔されない。話しかけられない。携帯も持ってない。
    そんな環境で考え事したり、ひたすら無になったり・・・
    大事な時間だなぁ~って思います。
    ご飯は美味しくなるし、体力もつくし。(笑)

  • SECRET: 0
    PASS:
    こゆきさん>>
    自分もアイデアつまると、
    走ったりしますよー。
    でも走り慣れてないので、
    ぜーぜーで終わったりします(笑)

  • SECRET: 0
    PASS:
    これ最高です(絵も)。
    出し切れない不完全燃焼感、
    子どもだからこそあきらめない、
    そしてあきらめたくないんだろうな。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。