パンには手入れが必要


「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」
 
夜の10時15分。
手で3種類の生地をこね上げた。
毎日やっている実験用の生地だ。
今回は、
「新しい種で仕込んだ生地を12時間おくとどうなるのか実験」
である。
 パン作りは酵母菌という生物とうまく付き合っていかないといけない。
酵母菌は、
激しく野性的でいて、そして神秘的、
まさに、”ワイルド・アンド・ビューティー”
だから、
”コントロール”するなどおそれおおく、
うまく折り合いをつけていただく、
そこには、昔から自然と寄り添い生きてきた、
日本の誇る「手入れの文化」が光るのだ。
おやすみなさい。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。