なんだか話はモンゴルの羊へそしてコッコへ


今日は、航空会社に電話して、
フランス行きの飛行機の日にちをずらしてもらいます。
いつにするのかが悩みどころ。
とかいっていて、
ビザ自体下りなかったらどうしよう。
その時は、
まよわずモンゴルへ。
と決めているので心は楽です。
なにせモンゴルは今から、
羊の肥える時期、そして冬にむけて肉にする時期。
フレッシュな肉を味わえる、
味な季節であるのです。
ところでモンゴルでは、
子羊を食べるような、
残酷で無駄な習慣はありません。
(少しフランスに対して恨みブシ)
ちゃんと食べるべき順番に食べていきます。
大人の羊は、
ナイフで薄くそいでもぐっと噛みゴタエがあって、
ハーブのような草の香りと凝縮された旨味。
そんな肉の味を覚えると、
子羊はどうも、、、
おいしい、おいしくない、ではなく、
庶民の暮らしの中から発展していない食文化はどうも?です。
ちなみに、
鶏も、年取ってる鶏の方がおいしらしいです。
これは実際に有名地鶏と、無名の年寄りコッコを、ブラインド食べ比べした方に伺いました。
年を重ねたコッコは、鳥刺し部門でも圧勝し、
そして、なんと、
骨でとったダシも、2回もとれたとか!!
うんうんそうでないと、
おいおい、お前はまだまだ青いな!
と、叱られたい。
だてに年は重ねてないのですね。
こういう話はとても嬉しいのです。
deRienのfacebookページには写真や最新情報バリバリです
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。