シュトーレンからパンデピスへ交代します。


シュトーレン。
ドリアンでは先代の時代から作ってるので、
かれこれ30年は作ってました。

昔はそんなに売ってるパン屋もなかったけど、
最近ではすっかりクリスマス定番のパン。

自分も好きなのですが、
ドリアンの「使用素材鉄の掟」、
国産有機>国産>国産なければ作らん
というのに、
どうしても反してしまうので、
作れません。

これは止めないといけないかも、、
店を休業してフランスへ出発する時にうすうす考えていました。

なんかクリスマス時期に、
シュトーレンに変わる晴れやかに楽しくなるものはないか。

そんなことを考えながら歩いていた、一昨年のフランス滞在の冬。
広場にクリスマスの市場がでて、
ホットワインを飲みながらぶらぶらしていると。

これは!
という衝撃を受けるパンデピスを、発見したのです。
洒落た感じではなく、
どっしりとした実直な印象。
それでいて、クリスマスの楽しい雰囲気を一層引き出してくれる。
大人なクリスマスのスイーツ。

買う前から、
これは美味いはず!

家で食べて感動!!
卵、バター、牛乳まで、何も入ってなくてその美味しさなのです。
蜂蜜、砂糖、粉、重曹、
以上!!

シンプル。
これだと思いました。
上質でシンプルな正体のしっかり解るものを広めたい!
そんなものを日本で焼きたいのです。
今年は売れないかもしれない。
来年もまだかもしれない。

でも、
ドリアンのクリスマスは、
パンデピスを推していきます!!
よろしくお願いいたします。

↓このおじさんのパンデピスが旨かった。後ろに山と積まれたパンデピス。

deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

猫の手も借りたい緊急告知

シュトーレンはイワシ缶と一緒にやってくる

関連記事

  1. ローズマリーは木だと知ってますか?

    (注)ローズマリーは木でありまして、けっして草ではないのです。 ドリアンで育てているローズマリー…

  2. 『カーサ ブルータス』 に載りました

    パン屋をはじめた1年目、広島の幟町にある、レストラン・ジェランに、カンパーニュをもって営業に…

  3. 客のいないワイン会

    この会は、ワインやチーズやその説明うんちくを準備する講師達も、ドリアンの私達も、…

  4. どこで修行したのですか?

    「モンゴルです!」 よく取材等で、「どこで修行したのですか?」と質問される。その時、僕は自…

  5. 川を見れば町がわかる

    「いろんな◯◯◯で環境を考える-たきねる」”川を見ればその町がわかる”僕は本気でそう思っている。…

  6. さかずきの季節

    春と言えば、卒業と入学。友との別れと新生活。3月のまだ肌寒い時に、感じた別れの寂しさは、…

  7. パン教室おわり

    パン教室。ドキドキしながらも、無事終了いたしました。シンプルに簡単に、というのをテーマにや…

  8. 吉田牧場とモンゴルと

      いつもおいしいチーズを送っていただいている、 岡山の吉田牧場。  スタッフと一緒にカマン…

コメント

    • かなめ
    • 2014年 11月 26日

    SECRET: 0
    PASS:
    いつも美味しいパンをありがとうございます。
    パンデピスが大好きで、八丁堀店でいつも買っています。
    子どもの頃、近所の教会の牧師先生の奥様が作って食べさせてくださったのが、おそらくパンデピスなのです。
    これからの季節、ホットミルクといっしょにいただくのが楽しみです。
    シュトーレンとても残念です。
    いつかドリアンさんのポリシーを曲げることなく、作ることができる日がくればいいのに・・・。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    かなめさん>>ありがとうございます!
    フランスのレシピ探していたら、向こうの教会のパンデピスのレシピも出てきました。朝ごはんに食べるらしいのです。なかなかおしゃれですね。シュトーレン。ますます難しくなっていきそうです。涙。バターまでないなんて。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP