動物をたべるということ

 「いろんな◯◯◯で環境を考える-たきねる」
 お客さまから、
 野生の鹿肉の薫製をいただいた。
 
 無駄な脂肪の全くない、
 引き締まったその肉は、
 雪山を駆けていただろう鹿を想像させる。
 狩猟採集の本能をピピッと刺激する味わいだった。
 なにがピピッとくるのか?

 ↑この写真は野生のガゼル。残酷です。
 でもスーパーで売っているどの肉にも、
 このような頭がついていた。
 でもでも、その事実は想像しにくい。
 野生の肉は、昨日まで生きて、
 エサを探し、恋人を捜し、家族を持っていた。
 だから強烈に命のイメージを突きつけてくる。
 顔が浮かんでくる。
 自然に「命をいただきます」
 と思えてくるのだ。
 そういうところが、ピピッときたのだと思う。
 このピピは必要なピピなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。