やはり三歩進んで二歩下がるのだ


勝手に心の友と思っている、
オカズデザインさんから、小包がとどいた。
ベルリンから届いた貴重なパンが入っていた。
紙袋を開けて、
パンをスライスして、
妻と二人で、
「懐かしいね」
と言った。
向こうが透けないほど詰まった生地。
縦にかみ切れる程のサックリ感。
そして、カラメル感。
休業前、
こういうパンを目指して10年やってきた。
休業直前のパンは、
そのレシピの尻尾をつかんで、
いい香りがして、いい感じだった。
帰国して、
「良い材料のパンを安く届ける」
為の手段の一つとして、
レシピを変えた。
今の体制で、
休業前の乗りに乗った時のパンを焼きたい。
これは自己満足かもしれないのです。
そういう挑戦は必要ないのかもしれない。
今のままの方が、食べやすかったりするかもしれない。
売れるのは今のままのほうかも。。
でも、、やはりやりたくなっちゃうんです。
人間だもの。。
さすがオカズデザインサン。
タイムリーヒットを打ってくださいました。
背中押されました。
やらないわけにいかなくなりました。
というわけで、
パン達。
一旦まだまだ崩れていく可能性ありです。
どこからが崖なのかを確かめる作業をつづけないといけません。
店に並べられる範囲で実験すると、なかなか進まないので、
ちょっと荒療治になるかもしれません。
でも、
こういう時のパンは、
どんどん変わっていくので、傍で見てると面白いですよ。
温かい目で見守ってくださいませ。。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。