やはり三歩進んで二歩下がるのだ


勝手に心の友と思っている、
オカズデザインさんから、小包がとどいた。
ベルリンから届いた貴重なパンが入っていた。
紙袋を開けて、
パンをスライスして、
妻と二人で、
「懐かしいね」
と言った。
向こうが透けないほど詰まった生地。
縦にかみ切れる程のサックリ感。
そして、カラメル感。
休業前、
こういうパンを目指して10年やってきた。
休業直前のパンは、
そのレシピの尻尾をつかんで、
いい香りがして、いい感じだった。
帰国して、
「良い材料のパンを安く届ける」
為の手段の一つとして、
レシピを変えた。
今の体制で、
休業前の乗りに乗った時のパンを焼きたい。
これは自己満足かもしれないのです。
そういう挑戦は必要ないのかもしれない。
今のままの方が、食べやすかったりするかもしれない。
売れるのは今のままのほうかも。。
でも、、やはりやりたくなっちゃうんです。
人間だもの。。
さすがオカズデザインサン。
タイムリーヒットを打ってくださいました。
背中押されました。
やらないわけにいかなくなりました。
というわけで、
パン達。
一旦まだまだ崩れていく可能性ありです。
どこからが崖なのかを確かめる作業をつづけないといけません。
店に並べられる範囲で実験すると、なかなか進まないので、
ちょっと荒療治になるかもしれません。
でも、
こういう時のパンは、
どんどん変わっていくので、傍で見てると面白いですよ。
温かい目で見守ってくださいませ。。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

”いりこ”とパンとスペイン帰りのカルロス

セルジュさん料理通信を台無しにする

関連記事

  1. モンゴルで正しい雪遊び

    「モンゴルのホームステイ-モンゲル」(モンゴルにいた頃のお話) ボグニーアムという、 モンゴ…

  2. ワインとチーズとパンの会

    ドリアンの床は、木の床です。汚れやすいし、手入れも必要で、大変だけど、、使えば使う程、…

  3. セミと夏休み

    小さい頃の夏休み、僕らは甲子園球児ぐらいに、セミを追いかけた。一瞬、裏山からセミの鳴き声が消…

  4. モンゴル遊牧民の写真写り

    モンゴル遊牧民の写真写りはいい。 なぜだろう。 試しにこんなことをやってみるとモンゴル人の顔に…

  5. おいしい農業国

    パリから電車で20分も行くと、地平線まで一面の畑と牧草地が広がった。これが食料自給率120%を…

  6. 本に載せていただきました

    『はらぺこ おとりよせ便』たかはしみき著、集英社でミッシュ=パン・ド・カンパーニュを、紹介して…

  7. 今年もありがとうございました

    お世話になった人たちに、年賀状を書き終わり、今年のドリアンの業務は終わりました。僕は今、店の…

  8. ヤギのチーズ三昧でした

    今回のワイン会は久しぶりでして、私自身がとても楽しみにしておりました。久しぶりに会うお客様と、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP