やはり三歩進んで二歩下がるのだ


勝手に心の友と思っている、
オカズデザインさんから、小包がとどいた。
ベルリンから届いた貴重なパンが入っていた。
紙袋を開けて、
パンをスライスして、
妻と二人で、
「懐かしいね」
と言った。
向こうが透けないほど詰まった生地。
縦にかみ切れる程のサックリ感。
そして、カラメル感。
休業前、
こういうパンを目指して10年やってきた。
休業直前のパンは、
そのレシピの尻尾をつかんで、
いい香りがして、いい感じだった。
帰国して、
「良い材料のパンを安く届ける」
為の手段の一つとして、
レシピを変えた。
今の体制で、
休業前の乗りに乗った時のパンを焼きたい。
これは自己満足かもしれないのです。
そういう挑戦は必要ないのかもしれない。
今のままの方が、食べやすかったりするかもしれない。
売れるのは今のままのほうかも。。
でも、、やはりやりたくなっちゃうんです。
人間だもの。。
さすがオカズデザインサン。
タイムリーヒットを打ってくださいました。
背中押されました。
やらないわけにいかなくなりました。
というわけで、
パン達。
一旦まだまだ崩れていく可能性ありです。
どこからが崖なのかを確かめる作業をつづけないといけません。
店に並べられる範囲で実験すると、なかなか進まないので、
ちょっと荒療治になるかもしれません。
でも、
こういう時のパンは、
どんどん変わっていくので、傍で見てると面白いですよ。
温かい目で見守ってくださいませ。。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

”いりこ”とパンとスペイン帰りのカルロス

セルジュさん料理通信を台無しにする

関連記事

  1. 通販再開しました〜〜〜!!明日のパンもう仕込んだので買ってくださ…

    おまたせいたしました。通販再開です!!ドリアン再オープンに伴い、火曜、水曜が、地方発送専用の…

  2. 職人

    神戸にあるフロイン堂は、何十年も、手で捏ね、薪で焼いてきたパン屋。そのお父さんは、僕が一番尊…

  3. くやし涙は美しい

    中学生の時、剣道部の先輩が、最後の試合に負けて、くやし涙を流していた。かっこ良かった。で…

  4. イビザの空気はスペインだった実際スペインに行ったことはないけれど…

    ”スペインよりもスペインな生ハムがある。”マキモレン(薪を燃やしていろいろやってる人連合という意味…

  5. パンだけでは飽きるので

    パンだけだと面白くないので、明日は、広島の有機野菜を移動販売している、「Green Bridge」の…

  6. ふりむきながら登る

    山ガイドの修行をしてた時、「時々、ふりむいて後を見ろ!」と教わった。人間、必死に登っていると…

  7. Jazzな休日を是非

      シュトーレンの発売後、全国各地からご注文をいただき、焼いても焼いてもの状態が続き、定休日…

  8. フランスの職人技

    お店を休んでまで、フランスに行かなければならなかった理由。パン作りはフランス人が何千年と、練…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP