セミと夏休み


小さい頃の夏休み、
僕らは甲子園球児ぐらいに、
セミを追いかけた。
一瞬、裏山からセミの鳴き声が消えた程。。
クマゼミが大きくてかっこよかったけど、
高い所にいてとりにくかった。
アブラゼミは雑魚だった。
麦わら帽子に、
虫取り網で、
汗を流して、
扇風機の前で「あ〜〜」て言って、
麦茶をごくごく飲んで、
カルピス飲めたらラッキー。
アイスくれるんなら、
誰にでもついていく!
あの頃は、
夏休みが、
一生続くくらい、
長く感じた。
子ども達にとって、
熱い夏がはじまりましたねっ。
夏は、パンよりスイカにかき氷を応援する、
そんなパン屋です。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
私の場合、夏と言えばわらびもちです。
冬場は焼き芋をリヤカーで売っているおじさんが夏場はわらびもちを売っていました。
わらびもちと言ってもモチモチした物ではなく寒天を固めたようなチュルンとした食感のものでした。
でも冷たくてチュルンと喉越しがよく、きな粉と砂糖の味が美味しくて毎日のように食べていました。
もちろんスイカとかき氷も大好きでした。
今年の夏はフランスのスイカとかき氷(あるかな?)を楽しんで下さい。

SECRET: 0
PASS:
ゾウアザラシさん>>
わらびもち、
自分は憧れでした〜!
でも買ってもらえた事はなく、、、
スーパーの安売りコーナーのわらび餅を、
買ってもらったのでした。。。
それでも嬉しくて、
残ったきな粉を食べようとして、
むせたのを覚えています。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。