”京橋マルシェ談路”と天ぷら


京橋マルシェ談路、
このまとまりのない集合写真、とても好きな一枚。
みんな自力で生きてる人達で、
事前に会ってのミーティングも無し、
アドリブ的にワイワイやって、
終わって打ち上げしたら、じゃあ!と別れていく。
それぞれの戦いの場所へ帰って行くのだ。
こういうのを、
”自助協力”という。
各々自分が独立してるからこそ協力できる、という言葉。
こういう関係はさっぱりしてる。
ポン酢くらいさっぱりしてる。
上手に揚げられた天ぷらくらいカラッとしてる。
こういうキレがある働き方は今からの時代増えていく。
ネトネトベットリした癒着、寄り合い、引っ張り合い、
「この売場は運命共同体ですよ!」
そんな働き方はもう古くなる。
だからこそ、
腕が勝負の時代でもある。
明日からも磨いておくのだ。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カンパと海と雑誌に載っけてもらえた話

ナポリで乾パン 

関連記事

  1. 春だから

    最近、毎日レシピを変えながら、パン作りをしています。うまくいっているレシピをつつくのは、と…

  2. 花火とカミナリ

    今日は宇品港の花火大会の日。お弁当を作り、お茶も用意して、楽しみにしていたら、夕方になって突然…

  3. 豊かさって何だ

    豊かさって何だろう?私はモンゴルに住んでいたとき、いろんなところで肉を振る舞われ、乳製品を食…

  4. アスファルトを耕す時

    私は最近、ひたすらにアスファルトを掘っています。あきらかに5月にしては暑すぎる日差し。昔は、…

  5. ワインとチーズとイタリア料理とパンの会

    麺好きの私、フランスに行ったとき、どうしてもパスタが食べたくなりまして、店に入りそれらしいもの…

  6. 春の楽しみかたは鳥に学べ

    ヒヨドリが桜の枝にとまって、花びらをついばんだり、蜜を吸ったり、遊ぶように食べてます。蜜は…

  7. イシガマさま

    「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」ある日、あまりの忙しさと暑さで、トランス状態になったパン職…

  8. 店作り

     大学生の頃、「自転車部」でした。自転車に荷物をくくりつけ、旅する部活でした。 そんな旅…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP