”京橋マルシェ談路”と天ぷら


京橋マルシェ談路、
このまとまりのない集合写真、とても好きな一枚。
みんな自力で生きてる人達で、
事前に会ってのミーティングも無し、
アドリブ的にワイワイやって、
終わって打ち上げしたら、じゃあ!と別れていく。
それぞれの戦いの場所へ帰って行くのだ。
こういうのを、
”自助協力”という。
各々自分が独立してるからこそ協力できる、という言葉。
こういう関係はさっぱりしてる。
ポン酢くらいさっぱりしてる。
上手に揚げられた天ぷらくらいカラッとしてる。
こういうキレがある働き方は今からの時代増えていく。
ネトネトベットリした癒着、寄り合い、引っ張り合い、
「この売場は運命共同体ですよ!」
そんな働き方はもう古くなる。
だからこそ、
腕が勝負の時代でもある。
明日からも磨いておくのだ。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カンパと海と雑誌に載っけてもらえた話

ナポリで乾パン 

関連記事

  1. 全裸でへなへな〜となる

      10年前。 男友達3人で、アメリカの国立公園に旅に出た。 そこには、 人の手の加わってい…

  2. 雲になりたい

    自然と共に生きて来たはずの僕達が、自然と共に行きていくのは、もはや贅沢品になってしまった。罪…

  3. 忘れちゃいけないこと

    沖縄に住みはじめた頃、職場の近くに海を見渡せる高台を発見した。海は、ぐるりと自分を取り囲むよ…

  4. 恩返し

    僕の20代はずーと、恐ろしく貧乏だった。定期的にお金が手に入る、ということとは無縁の生活。…

  5. 大晦日にありがとう、と言いたい

       僕の今までの人生はとっても贅沢だ。 また生まれ変わってもこのコースをお願いしたい。 いろ…

  6. 暑さは依然ギラギラ。男は喉ごしだ!

    暑いです。昔モンゴルにいた時、草原をポコポコ馬に乗っていき、ゲル(草原の家)に入ると、ドン…

  7. パン屋、今日は疲れませんでした

      今日は、賑やかで楽しかった。以前、北九州から来てくれたお客さんが、またご来店されたのだ。…

  8. 酔いつぶれて明治の夢をみた

    定休日の前日、閉店後のお店で、「新人歓迎+スタッフ明石さん懐妊おめでた会」をやった。飲んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP