八丁堀店が水曜日も開くらしいですよ!

ドリアン的パン食のすすめ
とは、


台所のすみに、パンを置いておいて下さい。
皆様がお米を食べている間も、
じっと耐え忍んでくれる粘り強さを彼らはもっています。


たまに、パンが合うもの、
スープとか、肉とか、食べる時、
パン切って食べてください。
という風に、
軽い気持ちで、
片手間で、
やっぱりおにぎり兄さんにはかなわないっす、という気持ちでありながらも、
でもちょっと、
こだわるところもあるっちゃある、的に、
食べていただきたく、
こういうパンを出来るだけ頑張った値段で売り始めたのです。
が、
八丁堀店が連日完売いただきまして、(ありがとうございます!)
「行ってもパンが無い」
と言われるのがどうも気になっております。
「いつからお前はそんなに偉くなったんだ!」
といつもパンを叱っております。
パン屋は気軽に寄って買っていく所、
なので、もう少しパン置かないといかんと思っています。
でもしかし!
生産量も増やせないので。涙
水曜日も八丁堀店オープンいたします!!!!
ということで、
八丁堀店は、一日開店曜日が増えて、週4日、
水、木、金、土、
12時〜18時でお待ちしております===!!!
気軽にフラッと来てくださいませ〜
href=http://www.facebook.com/boulangerie.derien>deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ワインとチーズとパンの会、 ドリアン本店でやるのは何年ぶりだ?の巻

バレンタインの悲劇

関連記事

  1. 涙のシュトーレン(教室)

    あれは9年前、パン屋を継いで初めての冬。工房で、父親とシュトーレンの値段を決めていた時のこと。…

  2. パンをリレーする

    昔から、ほんとに人に恵まれています。学生時代も、社会人になっても、はたまたモンゴルで仕事を…

  3. 吉田牧場へいきました

      美味しい食べ物や、 すばらしいモノやサービスを作っている人は、 かならず哲学を持っている。…

  4. あらいぐまとスープ

    僕が焼くパンは、パン・ド・カンパーニュ。訳すと、田舎のパン。グツグツと、大きな鋳物の鍋に…

  5. 書き納め

    今日の仕事はお昼過ぎに終えて、スタッフみんなで、書き初めならぬ、書き納めをしました。来年の…

  6. あの時代よりは良い時代

    大河ドラマ、坂本龍馬が始まりますね。不景気&行き詰まり感のある現代と、幕末をだぶらせているのか…

  7. ゆげの立つ季節

     「焚き火を囲んで眠る学校」 僕は冬が好きだ。 とってもきれいだからである。 中でも湯気=ゆ…

  8. ドリアンに新人がきた

    「石窯パンのドリアン」 ドリアンに新しいスタッフが入った。 福岡からパン屋巡りの旅の果てに、 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP