パン屋がパン屋と話すとき

 今日の閉店間際、
 以前ドリアンで2週間研修したことのある、
 安達君が来た。
 今は大芝水門の近くにある
「サ・ソン・ボン」 で、
 中心となってパンを作っている。
「2時半から、17時まで仕事なんですよ〜。
 明日も2時半です。
 休みもパンの事を考えてしまって、
 なかなか休めないんです。」
 と、とっても忙しそう。
 忙しい中、
 お店に来てくれた事が、とっても嬉しい。
 父もまじえ、
 3人で、
 しばしパン談義。
「寝不足だろうから、
 身体や、けがに気をつけろよー!」
 と、
 雨の中、見送った。
 お店は違っても、
 頑張ってほしい、20歳の若きブーランジェなのでした。
「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」

2件のコメント

SECRET: 0
PASS:
パン作りって大変なのですね。ほとんど寝てらっしゃらないのでは?
大芝水門の近くってどのあたりなのでしょうか?

先日、Rジェランにてドリアンさんのパンをいただきましたよ。
歯ごたえがあって、どっしりとしたパンでした。
お料理にも合っていて、本当に美味しくいただきました。

SECRET: 0
PASS:
いっちいさん、ジェランさんで食べていただいたんですね。
うれしいです!!
パンはおいしい料理があってこそ。感謝です。
「サソンボン」は、
そうとく高校の近くで、大芝公園?かな、公園の横にあるんですよ。
寝ずに焼いてると思うので、行ってみてくださ〜い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。