中川さんのカムホ2代目

IMG_1455 (1)

十勝の中川さんが育てるカムホ2代目が届きました。

前回のカムホの時にも書きましたが、
いろいろな農業を取り巻く問題へのアンチテーゼとしての試みです。
タネを混ぜて撒くことは、基本できません。
が、
その結果の小麦、その粉はすばらしいです。
複雑さと力強さをそなえます。多様性の力を感じます。

そんなカムホの信条は、
しがらみからの別離、そして自由、と中川さんはおっしゃります。

この2代目は、たまたま目の前にあった、
キタノカオリ(中川さんが育て続けて土地に適合し、その品質から伝説となったが、何年かタネを取り続けると、他の品種が混ざるとの理由で、タネを更新=新しく買って切り替えるよう行政から指導が入ります。するともう撒けません。そんな優秀で悲しいキタノカオリです)、
ホクシン、
ゆめちから、
のタネを混ぜて畑に撒いたものです。

初代とは一転して、風味重視になったようです。
新たにタネを混ぜ撒いたものなので、カムホ初代から継がれたものではなく、別物です。

そして、
この後登場するカムホ3代目は、初代と、今回の2代目のハーフとなります。
ここから本当の中川さんオリジナルの小麦カムホとなります。
これまた待ち遠しいですね。

そんなカムホの母的、有機栽培カムホ2代目100%のパン(タネは別の北海道産有機の小麦)、
数少なく申し訳ございませんが、
今日から店頭に並べております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

37回ワインとチーズの会

捨てないパン屋

関連記事

  1. 新しいドキドキ

    引っ越しするのが好きでした。古い荷物を整理して、知らない街で、新しい生活をはじめるのが好きで…

  2. パン屋がパン屋と話すとき

     今日の閉店間際、 以前ドリアンで2週間研修したことのある、 安達君が来た。 今は大芝水門の近…

  3. 八丁堀店が水曜日も開くらしいですよ!

    ドリアン的パン食のすすめとは、①台所のすみに、パンを置いておいて下さい。皆様がお米を食べて…

  4. 人が集まるのがすきだ

    「石窯パンのドリアン」 長野のシャロム帰りの岡井ちゃんと、 製パン学校生の安達君といっしょに、…

  5. 歴史

    窯入れを失敗してしまう。石窯はどんどん冷えてくるので、また窯入れをし直すこともできない。生地を…

  6. 料理教室でポシェする

    生まれてはじめて、料理教室に行ってきました。やはり、パン屋たるもの、料理にも一通りの知識を…

  7. 電気なんて半分あったらじゅうぶんです

    「レトロイノベーション=古い手法で革新する」これこそが、新しい社会を作る手段だ!そうなのだ!!…

  8. モンゴル走り書き!人も魚もケムにまかれて

    「モンゴルのホームステイ-モンゲル」 モンゴル人は魚を食べない、というが、 魚はいないわけではあ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP