男はぐっとためているものが目力にでるんだ

食品ロスを考える会議に参加した。

環境省の方や、大企業の方や、政界の方、さまざまな方々が、
総勢30名以上。

その中、自分の心に響いたのは、
青森のリンゴ園で、摘果リンゴをシードルにしている方。

リンゴ農家はこのままでは、産業としてなりたたない。
全体の労力のうち、「収穫する」作業は15%だけ、
「捨てる」作業が85%。ということだった。

摘果も=捨てる作業。
それでシードルを作ることで、マイナスがプラスになる。
というお話だった。

この方の、活動ももちろん素晴らしいのだけども、
それ以上に、
とつとつと語る、その言葉に重さを感じた。

いろんな葛藤やもがき、軋轢、説得、挑戦、失敗、
そんなものをかいくぐって結果をだしている人の持つ、
独特のオーラのようなもの。

それは、覚悟といっても良く、
今一時の解決策では無くて、
ずっと続いていく文化を創っていきたい、
という時間的な粘り強さだとも感じた。

それが、言葉の重さになる。

きっと、昔の人達にとっては、
話しの上手さや、巧みさよりも、
言葉の重さが重要だったんだと感じる。

だから、しっかりした人が皆を引っ張っていけたんだと思う。

自分もいつの日か、しっかり重みの効いた言葉を発したいと思いつつ、
今日も、八方美人なワハハで軽いトークをしてしまいました*(^o^)/*

「男はぐっとためているものが目力にでるんだ」
高倉健の言葉を胸に、明日からまた精進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。