焚き火を囲んで眠った夜の話

 
もう、焚き火が消えても気にならない。
 
 山の中に身を置いて、
 少しずつ夜を迎えると、
 不思議とこわくない。
 僕は「こっち側」に来たんだ、
 と思える瞬間だ。
 いい気持ちに、酒もはいった。
 細い枝で作ったクッションに横たわって、
 目を閉じる。
 十方山1300mの山頂、深夜零時、ひとりぼっち。
 何も聞こえない。
 何も音がない。
 耳の奥のキーンという、
「静寂」を音にしたような何かを感じるだけ。
 目を開けると満点の星。
 次に目を開けると、霧がかかっていた。
 結局、カッパを着てそのまま眠ってしまった。
 かたわらには、
 細く長く燃え続ける焚き火が。。。。
 焚き火のそばは気持ちいい。
 「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    大自然っていいですね。
    そのかたわらに燃え続ける焚き火とカンパーニュ♪
    いいなぁ~。自然と仲良しになりたい。

  • SECRET: 0
    PASS:
    ごめんなさい!
    よくよく見たらミッシュ?
    この前カンパーニュだったから頭がカンパーニュモードでした。

  • SECRET: 0
    PASS:
     じゃ〜ん!
     実は、くるみ入りライ麦パンなのです!
     ビミュ〜にくるみが写ってるんですよ(笑)
     でも、このひっかけ問題に気付くあたりが、
     さすがこゆきさんですね!!

  • SECRET: 0
    PASS:
    あぁぁ~~ほんとだっ。
    クルミが見える!
    しまった・・・私としたことが・・・・(笑)
    夏限定の素敵なパン。美味しかったですよ!

  • SECRET: 0
    PASS:
    そうなんです。
     くるみがポイントだったんですよ〜。

     トマトのパン達、美味しかったですか!
     うれしいです。
     新しいパンを作るのは、ドキドキして、
     心臓によくありません。
     なので、うれしいです。
     ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。