パンデピス発見したのでパン屋やめようかと

パンデピス。
という菓子というかパンというか、
中間みたいなのがあるのです。
私けっこう好きなのです。前から。
ケバケバしてなくて、
どっしりとしていて。
日持ちもするし。
でも、
これだ!
このパンデピスを再現できたらもうパンデピス屋になってもいい。
というものを発見できていなかったのですが。
ついにやりました。
偶然、市場で発見したパンデピス。
どでかいのを、切り売りしてくれるのですが、
これがうまい。
あとは通って食べまくってしまえば簡単です。
レシピなんか聞かなくても、
目標ができればいいのです。
あとは実行あるのみ!
(吉田松陰先生のお言葉です)
ということで、
パン屋やめて、パンデピス屋になります!
写真は今回も興奮のあまり撮り忘れております!申し訳ございません。
変わりといってはなんですが、
ホットワイン好きがワイワイやっているそんな市場の写真をお楽しみ下さいませ。




deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    マーラーカオやカステラにSucre rouxやmiel、シナモン、カルダモン、
    アニス、ショウガなんかをたっぷりいれて
    焼過ぎたかんじにしたあれは、クセになります〜。
    お菓子屋は、なんだかリッチにしすぎちゃって
    量り売りしてるあの素朴なかんじが
    なかなか出せないんですよね〜。

    ノルマンディーで教えてもらったのですが、
    パンデピスを、そのときあるフォン(鶏でも牛でも野菜でもなんでも)
    でヒタヒタにしてふやかし、バターを加えてスティックミキサーで乳化させると
    トロリとしたパンデピスのソースが出来ました!
    豚さんに塩胡椒して表面焼いてから石窯に放り込んで
    程よくほったらかしたモノに付けて食べたら、とんでもないおいしさでした!
    ぜひおためしを!!

  • SECRET: 0
    PASS:
    うぉ~っ!!パンデピス!!
    私も大好きです。スパイスをたっぷり入れて、はちみつとジャムで固める。絶対に砂糖は使いたくないっ!(ジャムはどうよ・・・)
    ホットワインを飲みながら食べたら、やめられない・とまらない。カラダに悪いですね。まさしく「パンデビル」?

    すみません。ひとり盛り上がっておりますが、本場の味は知りません。
    日本に帰られたら、是非ご伝授いただきたいです。

    お体に気をつけて。

  • SECRET: 0
    PASS:
    INAKIさん>>あ、うまそ〜。
    というか、パンデピス。稲木さんに教えてもらえばよかったんじゃん。フランス来る必要なかったなあ。じゃあもう帰ります〜

  • SECRET: 0
    PASS:
    ナーナさん>>そうそう、ホットワインと。まさに言い当てられているようです。。汗
    日本に帰ったら、↑INAKIさん(鳥取でやばいお菓子屋さんtoujourをやってます)に教わりに行きましょう。

  • SECRET: 0
    PASS:
    は~い。行きましょう♪行きましょう♪INAKIさんから名刺頂いてますから。
    パンデピスはderienさんの作られるパンとはある意味、対極のパンだと思いますが、どちらもワインがめっちゃあうんですよね。今からとっても楽しみです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。