2つのタイプ


今回のフランス旅行、
パンを、特にバゲットとカンパーニュ、を食べまくりました。
フランスのパンは、
2つのタイプに大別されていました。
粉の味が素直にするパン、
と、
粉が分解された味のするパン。
地域別には、
パリには、
粉の味がそのままクリーミーなパンが多い。
リオンやアルプスの町では、
粉を分解して香りを醸しているパンが多い。
どちらのお店にも、
有名店もあり、
お客もそれぞれに大別されているようでした。
前者は気軽に食べられて、万人受けするパン。
後者は時にクセがあるけれど、
時に感動を与えるパン。
のような気がしました。
僕の目指しているパンは後者。
粉を酵母が分解して、
旨味や香りが豊かなパン。
リオンの小さなレストランや、
アルプスの町の市場で、
そんなパンに出会えました。
やはり酵母の働き方が、
それらのパンの違いを作っています。
このブログで、
酵母のことを本気で書くのは、
初めてかもしれません。
この辺りで、
自分の頭を整理するつもりで、
ちょっと続けて書いてみようと思っています。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

4件のコメント

SECRET: 1
PASS:
11月1日にレクの研究大会で野外料理の講習会が青少年センターであります。奥さんと下の子の3人で参加します。何を作るのか楽しみです。

SECRET: 0
PASS:
はじめまして、先日、お邪魔させていただいたmachaと申します。

ドリアンさんのパンはお友達が通パンをした際に、頂いたことはありますがお店は初めてj訪問させていただきました。

”くりのカンパ”
うわさ以上においしいパンで感動しました。
早朝のお忙しい時間にもかかわらず、お母様がいろいろとお話してくださいました。

あさ、外のテーブルで頂いたパンとコーヒー、
お母様からお聞きしたパンの話を思いながら、味わいながら、本当にステキな時間を過ごすことが出来ました。

そして”私の口福”読ませていただきました。
読みながら、そう!そう!!とうなずく文面がたくさんあり、楽しく読ませていただきました。
これについて語ると長くなりそうなので、やめて置きます(汗)

また近いうちにお店へお邪魔させていただこうと思いました。
おいしいぱん、ありがとうございました。
おかあさまのお心遣いにも感謝いたします。

SECRET: 0
PASS:
尾上さん>>
この間はどうもありがとうございました!
野外料理ですか〜いいですねー。

SECRET: 0
PASS:
macha04machaさん>>
母も喜んでおりましたよ!
もてなし好きなので、、、。
朝の外のテーブル、自分も好きで、
休みの日に座ってたりします。
一番良い季節ですよね〜。
コラムも読んで頂いたのですか。
嬉し恥ずかしです。
ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。