前へ前へ


いつも大切なものは、
無くしてから気付く。
いつもより暖かい春にとまどい、
年老いた両親にとまどい、
恋人と別れてとまどう。
そして後悔する。
一方、
常なるものは一つもなく、
エントロピーは増大し、
栄えては滅んでいく。
草が繁茂し、
枯れ、朽ちていくように、
一方通行で、
逆戻りはできないのだ。
それに抗うように、
人は、
体が腐らないよう食べ物からエネルギーをとり、
恋が色あせないようプレゼントをおくり、
飛行機は、
落ちないよう燃料を燃やし続け、
魚は、
流れに逆らって泳ぐ。
前へ前へ、
燃え尽きるときまで、前へ進む。
もしこの世にやってはならない事があるなら、
それは立ち止まる事かもしれません。
パンは、
朝、種が植え付けられて、
膨らみ栄え、
焼かれて食べられる。
世の中に似ているから、
人が惹き付けられるのかもしれません。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    闇は・・無限大ですね・・・生きている限り、きっと誰も立ち止まらないのかな?小さな小さな光こそ宝物かな?
    人はなぜ混乱するんだろう。。前へ、前へ、了解です!!

  • SECRET: 0
    PASS:
    私が通っているウォーキングスクールのデューク更家先生曰く「歩くと言う字は止まるのを少なくする」と言われます。
    何事も歩き続けて行くしかないのですね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    私も同感!!酵母を自分でおこして時間をかけてゆっくり出来たパンはみんなちがってみんないい・・・・の人間の世界のようですよね。
    最近、実感する出来事があったのです!!

  • SECRET: 0
    PASS:
    ゾウアザラシさん>>
    なるほどっ。
    止まるのをすくなく、ですね。
    良い事教えて頂きました!
    自分、きっと誰かに知ったかぶりに言いそうです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    ダンさん>>
    最近のこどもにアンケートして、
    自然の森と、
    人工林、どっちがいいですか?
    すると規則的な人工林を選ぶらしい、ときいてたのですが、
    自分もいつのまにか、
    揃ってスッキリした物の方がいいな、となってしまっていたようで、
    パン達に申し訳なく思っております。
    本当の森にも美しい秩序があるんですよね!
    でもそれは一目で見れるものより、もっと深い美しさだと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。