OZ magazine 載せていただきました


”ドル箱”
一昔前、
うちの前の通りは、
そう呼ばれていたらしい。
広島県内で、
一番多いバスの乗降客数をほこり、
駅前は活気に満ちて、
マツダの給料日には市や露店がたち、
それはそれは賑やかだったらしい。
今は、一時間に数本のバスだけになり、
商店はシャッターが下り、
県内有数の交通渋滞だけが残った。。
パンを気に入ってもらえ、
「お店は何処にあるんですか?」
と訊かれ、
「堀越です、マツダの近くの、、」
と言うと、
一瞬相手の顔色が曇る。
「なかなか、来にくいところで、すみません。。」
というパターンの会話を何十回も経験した。
毎回デジャヴュだ。
でも僕は、
そんな所にお店があって、
本当に本気で、
とてもよかった、
と思っています。
良いパンを焼かないと、
お客さんは一人も来ない。
通りがかりで寄ってくれる、
そんなお客さんは一人もいない。
というプレッシャー。
そういう厳しい状況が、
うちのパンを育ててくれたのだと思います。
だからこそ、全国のお客様にも会う事ができました。
『OZ magazine』3月号ーやっぱりパンが好き
に載せて頂きました。
支えてくださっている、
お客様に感謝です!
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

9 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    おめでとう!地道な努力とそれを心情にストレートに届けるナイスPR魂が実を結んでいるんだね。立地条件が悪いからこそ、あえて、ほんもののパンで勝負していく、田村君、かっこいい!
    広島帰ったら、絶対お店、お邪魔しますね。
    それまではHPでイメージ膨らましてます。がんばれー!

  • SECRET: 0
    PASS:
    載ってるのわかってるから中も見ずに買いました♪
    やっぱり載ってましたね~。
    何軒かでお取り寄せしてますが未だドリアンのいちぢくに敵うものには出会えてません。
    私の中では殿堂入りしてますよ~。

  • SECRET: 0
    PASS:
    ソラさん>>
    ありがとうございます!
    応援して下さるからこそ、
    雑誌にも出してもらえます。
    本当にありがたいことです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    だるさん>>
    ありがとうございます!
    モンゴルから営業するのに比べたら、
    立地条件、文句言っていられませんもんね!
    治安、気を付けて頑張ってくださいねっ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    佑くん>>
    ありがとう!
    いいのよ、いいのよ。
    雑誌観てくれてる人がいるんだな〜、
    と思うだけでも嬉しいから!

  • SECRET: 0
    PASS:
    こゆきさん>>
    殿堂入りに慢心せずに、まだまだ頑張ります!!
    初期から本当にお世話になってますね。
    パンの成長もずっと見てくださっていて、
    感謝感謝ですっ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    春さん>>
    ありがとうございます。
    ほしはら、好きな場所なんです!
    一時期は家を探してもらった事もあったんですよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。