あしたのジョー


僕は、
お店を大きくしよう、
とかは思ってなくて、
ただただ、いいパンを焼きたいだけです。
残り生地をタネにして、
国産の麦を捏ねて、
薪で焼いて、
100年前と同じ作り方をすれば、
美味しいパンが出来る事を証明したかった。
イケイケゴーゴーの時代の中で、
伝統に帰るのは、
後退ではなく、
前進なんだ、
という事を証明したかったのです。
『cafe sweets』
というなかなか硬派な雑誌があって、
開店以来、
これに載れば一応認められたことにしよう、
と目標にしてきました。
そして今日、
その取材があり、
ライターの方は、
「今回の特集は、ドリアンさんが柱です!」
と力強いお言葉を残して帰られました。
今日は、
連日夜までかかっていたシュトーレン焼きもお休みして、
なんだか、
気分もホッとしてしまい、
いっとき、
真っ白に燃え尽きた感じです。
さあっ、
明日からは、
また新たな気持ちでパンを焼いていきますよ!
(最近バタバタして、
 頂いたメール、ファックス、お手紙の返事が書けてません。
 一ヶ月経とうが、必ず返事は書きますので、
 気長に待ってくださいませ。すみません。
 という、
 今日は、言い訳ブログなのでした。。。)
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

6件のコメント

SECRET: 0
PASS:
お久し振りです。
随分ご無沙汰していましたが、覚えていますでしょうか(?_?)
お店には行けてないのですが、keiさんからたま~に
お裾分けしてもらっています。ちゃっかりと☆
「cafe sweets」といえば私の愛読書じゃないですか!
すごぉぉい!!
たむらさんの活躍はいろんな所で目にしていますよ。
今度はお店に行きたいと思います(*゜▽゜)~♪

SECRET: 0
PASS:
店長さんの意思とは別でこんなに有名になってくるとお客さんが増えて
購入困難なパン屋さんになってしまうのでは・・・?
今のうちに買いにいっとかないと後悔しそうです。
今週末に何としてでも行かねば!

SECRET: 0
PASS:
書店で、いつも大阪や東京に行く際に参考にしていたあの雑誌。
毎回、興味深い特集記事に唸らされていたあの雑誌。
そしてなかなかのお値段ゆえ、いつも立ち読み止まりだったあの雑誌・・・(笑)
「cafe-sweets」!掲載おめでとうございます!
もう悩みません、最新号が発売されたらすぐに買いに走りますねっ(鼻息)

SECRET: 0
PASS:
oujiさん>>
覚えてますよ〜。もちろん。
「cafe sweets」
パティシエさんの本ですもんね。
自分はパンの時だけ買ってたのですが、、、。
今度からは前号定期購読します(笑)。

ゾウアザラシさん>>
今のお店は、
なかなか辿り着けない立地なので、
大丈夫だと思いますよ(笑)
ご安心くださいませー。

みーふぁさん>>
確か2月号だったと思うのですが、、、
ちょっと自信なくなってきましたので、
中身確認して買ってくださいね(笑)

SECRET: 0
PASS:
おいしいパン。
ほんとうに大ファンです。

カフェ&スイーツ
私も、あの種類の雑誌の中で一番好きです。
チャラチャラせず、でも洒落てて。ずっと変わらない。

たくさん語るほど、どんなに
パンやトドリアンのファンか?
にごってしまいそうなので・・・。

説得力があるように・・・
この先も、ずっと・・・静かに楽しみにしています。

パンの絵、前の購入では気がつかなかったですが。
今度は、ちゃーーーんと、みてみよう!
自分の描いたパンも、・・・どんな認識されるのか・・・
知りたいなあ・・・なんて思います。笑!

人のこだわり、哲学・・・そんなものが
さりげなく強くこもったものには
本物が宿るのだ・・・【百年のどの部分かが・・・よみがえるんだ】と思います。

先だって買いそびれた分、今年の朝食分・・・
今から注文します!

では。
来年も、おいしいパンと、店長さんの世界。たのしみにしております!

SECRET: 0
PASS:
オイランさん>>
うれしいです!
うれしいので、沢山語ってください。
今年も、もっともっと頑張りますっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。