そのスジのキャンプ


島に住むフリーライター、
モグラ研究家の小学校教師、
パンが嫌いなパン屋、
という一見あまり共通項のなさそうな3人で、
キャンプに行った。
日が沈む頃、
浜に現れ。
小さな火を焚き、
グツグツと怪しい鍋を作り、
酒を飲み、
月を眺め、
話すことがなくなり、
燃やすたきぎがなくなると、
寝袋に入ってその辺りでゴロ寝。
朝霜がおりて、
ビチャビチャになった寝袋にくるまったまま、
ゆっくりと、
日の出を見たら、
すわっと、
10分で撤収そのまま解散。
早朝、犬の散歩に来た人は、
ここでキャンプしてたとは、
気付かないはずです。
気配は残しません。
そう、
僕ら3人は、
元そのスジの人なのです。
(どのスジだ)
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    ちょうど犬の散歩にいきましたが、気づきませんでした・・・・
    やはりそのスジの人ですね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    kleinさん>>
    kleinさんは、現そのスジの人でしょ〜。
    ああ、こわいこわいっ。
    自分はそのスジでは食べていけなかった、あぶれものですよ。
    鉄砲玉です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。