石窯探訪「仙台オ・フルニル・ド・ボア」


全国3000万の石窯ファンの皆様、
お久しぶりでございます!
「石窯探訪」のお時間です。
今回訪れたのは、
仙台の「オ・フルニル・ド・ボア」です。
フランス風の石窯を使って、
日々パンを焼いているのは、
日本でここだけ。(おそらく)
下部で燃やされた炎が、
炎道を通って上部へ吹き出し、
上部のパン焼き床を熱する仕組み。
でも連続して焼くわけではなく、
毎回、火を落とします。
フランスでは400年前からある仕組みで、
パン屋の薪窯はほとんどこの方式です。
店主の千葉彩乃さんは、
一人フランスへ渡り、
「雇って下さい」
という言葉だけを暗記してパン屋へ飛び込んだ、
つわもので、
自分が一昨年研修したルマン近郊の、
フルニル・ド・セードルにもいたという、
同志でもあります。

菓子パンはもちろん売ってなく、
カンパーニュや、
全粒粉やライ麦を使ったパンが並んでいます。
そのパンは無骨ながらも、
やさしい粉の香りがしっかりする、
自分の好きなパンでありました。
一日中、パン談義、石窯談義して、
石窯マニアに悪い人はいないな〜、
とつくづく感じた仙台への旅でした。

(クロックムッシュ美味しかった)
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。