天然酵母について


パン屋のブログなのに、
天然酵母について書くの、はじめてです。。
僕が天酵(長いので略します!)
を使うのは、
それ自体には、
さほど意味を持っていないからかもしれない。
ただ、
小麦をできるだけじ〜〜くりと発酵させて、
パンを作りたいだけ。
お酒を飲んで感じる甘い香り。
酵母がデンプンを分解した自然な甘み。
イーストでは早くパンがふくらんで、
その甘みがうまくでない。
伝統的なテンコー(もっと略してしまいます!)は、
何年も水と小麦をこねて発酵させて作る。
すると甘い。
フランスの超有名店ポワラーヌのパンは、
とても甘い。
いや!
甘い香りが口の中に広がり、
味覚が誘発されて、
「え、甘いの? え、これ、甘いの?」
と、じわーと広がる甘さ。
デパートやインターネットで買えるので、
パン好きの方は食べてみて下さい。
その甘く香ばしい記憶は、
やさしく脳に染み込み、
忘れられませんよ。
日本にも、これに近いパンがあればな〜、
さすがに舶来品は高いよな〜、
と思ったら、、、
ドリアンにいらっしゃいませ〜。
「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」
「モンゴルの草原で眠るような話」も更新してまーす。今回はマッチョについて。

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    あ、ググられましたか!
    そうそう、高島屋にあるらしいです。
    インターネットでも買えるお店があったはず。
    えーと、ポチポチと調べてみますと、、、、(調べ中)
    セレクトパンヤ、てところです。
    ちょっと高いですけどね。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。