春の小川はさらさらゆくよ


いつも川の側で、
焚き火をして寝て、
魚を釣って食べるのが、
一番の贅沢なリフレッシュタイムだった。
東京の奥多摩、
金沢の白木川、
長野の梓川、
北海道でも沖縄でもモンゴルでもそうだった。
広島に帰ってきた後も、
地形図を見ては、
「うーん、この山、この谷、
 ここには良い流れがあるはず!」
と、川探しに明け暮れていた。
そんな時、
発見した奇麗な流れのことは、
忙しさの中で忘れてしまっていた。
昨日、石窯作りの下見に、
伺ったお客様の所で、
偶然その川に再会した!
おお、お前は!あの時の。
その川はあいかわらず、
春の木漏れ日のなか、
さらさら流れていた。
旧友に会ったような、
感動でした。
奇麗な川は本当に少なくなりました。。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

3 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    長野の梓川でそんな事してたんかい!
    白骨や上高地には、もっといい川があるような気が・・・・。
    確定申告という死線をくぐりぬけてきた俺には
    目に映るすべてのものが輝いて見えますわ≧▽≦♪

  • SECRET: 0
    PASS:
    渓流が呼んでいる・・・アマゴが呼んでいる~

    そういえば今年の正月はキャンプに行かなかったから
    焚き火もしていないなぁ・・・ちと寂しい~ (つд⊂)エーン

  • SECRET: 0
    PASS:
    くぅすけ先輩>>
    せんぱい!
    白骨も上高地も梓川ですよ〜。
    白骨温泉はいりたいです。
    早くウエディングで招待してください!

    ごんべさん>>
    わかってますね〜。さすが。
    アマゴ、シーズン到来ですね。
    昨年のシーンを思い出すだけで、
    心臓ばくばくです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。