辺野古でジュゴンとゴロゴロ転がった


沖縄にいた頃(もう7、8年前かな)、
今話題の名護市辺野古の海へ行った。
まずこれ見て想像して下さい→辺野古の地図
「平島に人が住むときっと基地ができにくくなる、
 だからタムラお前住んでみるか?」
と言われ、下見に行ったのでした。
集落のはずれからシーカヤックで漕ぎ出て、
辺野古崎の沖にある平島を目指した。
とにかく水がきれいで、
水が見えない。
カヤックの影だけが海底を走って、
まるで空を飛んでいるみたい。
平島についた。
「隣りの島まで泳げたらすごいよな」
というボスの言葉に、
「案外近いんじゃないですか」
とシュノーケルと眼鏡を付けて泳ぎだした。
が、、、、
怖い!!!!!
底はとても深く、でもおそろしく透明だから全部見えるのです。
まるでビルの屋上から空中へ泳ぎだす様な感覚。
足がすくむ。
島は遠い。
深い。怖い。深い、キレイ過ぎ、でも怖い、深いというか高い。
その時、ふと思ったのです。
今やつが出てきたらパニックってしまう。と。
今、ジュゴンがフワ〜と近づいてきたら、
たとえめちゃくちゃいいヤツだったとしても、
パニックって、
人魚だ〜!
と叫びつつ溺れてしまうぞ。と。
なんとかやつには遭遇せず、
小パニックで隣りの長島へ漂着した。
燃え尽きたので、その後は一人で、
「波打ち際に漂着したビンごっこ」
をして遊んだ。
これは私が発明した遊びです。
シュノーケルと眼鏡を付けて、
波打ち際に横たわり、
死んだように脱力し、
波にもてあそばれるビンになりすます遊びだ。
これがいちばん、
海の綺麗さを、
全身で堪能することが出来る。
波打ち際の、
ちょうど横たわった体が隠れるくらいの水深の所で、
ゴロゴロ転がっていると、。
真っ白い砂が、
透明の水の中をおどり、
その先に真っ青な空が見えている。
サラサラ〜、サラサラ〜、
と砂の音がする。
ブクブクブク〜。サラサラサラ〜。
天国です。
その時私はピキーン!と直感しました。
あ、やつもきっとこれをやっている。
ジュゴンも暇な時はきっとこの遊びをやっている。と。
この遊びの素晴らしさを知るもの同士の連帯感。友情!
だから私は反対なのです。
エライ人も皆あそこに行って、
「波打ち際に漂着したビンごっこ」
をすればいい。
それから話をすればいいのにと思います。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

14 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    「波打ち際に漂着したビンごっこ」楽しいですよね。私のはネーミングが少し違いましたが、似たような遊びを子供のころに毎日していました。子供のころにしみ込んだものは、大人になって忘れていても、必ず血となり肉となり私を形作るもっとも大切な要素になっていると思います。
    辺野古のことも、上関の原発のことも岩国の基地のことも、今それをすることで、この先どうなるのかという想像力が乏しい人が将来を決めてしまおうとしている…。とても危険なことだと思います。そして、知ろうとしない人、知っていても知らないふりをする人のなんと多い事か。
    子どもたちに恥じない行動のできる母になりたいと思っています。そして、子どもたちに自然を満喫させてやりたいし、いつまでも美しい自然を残してやりたい。そのために、自分に何が出来るのかを考えて行動に移せる人間になりたいです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    そうですよね~。はたしてじゃぁ!どうすればいいのか。。
    今晩の家の討論会でした。。。。

  • SECRET: 0
    PASS:
    しまんちゅ
    うみんちゅ

    視点は一体どこにあるんだろ。。。

    このての問題はいつも、俗に言う
    大人の事情。。。。。。
    総じて薄ら笑いを浮かべたエライ大人達に因って、着地点とも言えない点に着かされるんだ

    飲み込んで腹に溜めた物を吐き出してしまえ★

    答えはそうは難しくは無いはずなのだ★

  • SECRET: 0
    PASS:
    いろんな問題や思惑が交錯してるのだろうけど、地球は一つなのにね。人類はいったいどうしたいんだろう??こんなにも自然に守られ、生かされているのに自分達で自分達の足元を破壊してしまって・・・。

  • SECRET: 0
    PASS:
    わかります♪ わかります〜♪
    「ビルの屋上から空中へ泳ぎだす様な感覚」
    あまりに透明で、海の底まで見えちゃうんですよねぇ
    私も小笠原で、経験しました。
    シュノーケリングしてると、下にダイビングをしてる
    ダイバーさん達がいるの・・・
    ミニチュアなダイバーさん達が、くっきり!見えるんです〜
    ジュゴンには出会わなかったけれど、
    お布団のようなマンタが、前から突進してきました。
    (めちゃくちゃ 恐かった!)
    本当 エライ人達もこんな経験をすればいい・・・
    きっと価値観が変わると思います。

  • SECRET: 0
    PASS:
    kanonさん>>
    『老子』に「無用の用」という言葉があるのですが、
    一見役に立たないと思われるものが、
    実は大きな役割を果たしているという意味らしいです。
    辺野古を見ると、いつもこの言葉を思い出します。

  • SECRET: 0
    PASS:
    モンキーさん>>
    そうなんですよね〜
    でも今も友達は辺野古で闘っているはずです。
    話聞くと壮絶です。
    でも辺野古も今の自分の生活も、
    どこか根っこは繋がっているはずで、
    上手くは言えませんが、
    辺野古の島で食べて似合うパンを焼くことが、
    今できる精一杯です。

  • SECRET: 0
    PASS:
    篠さん>>
    そうなんですよね。。
    政治や国防のことはよくわかりませんが。

    エラい人もっとガッツを見せてほしいですよね。
    スクールウォーズ並みのガッツで、
    一生懸命やってほしいです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    asuka>>
    そうなんです。
    しかもいつもよりによってここに!?
    というようなキレイな所に、
    変なものを作りますよね。
    仕事し過ぎです。
    埋め立て過ぎ。
    ギラギラしすぎです。

  • SECRET: 0
    PASS:
    辺野古も今の自分の生活も、どこか根っこは繋がってるはず。。。。。。

    そんな皮膚感覚が実はどんな対立をも中和してしまう、おっきなうねりになると想う★

    無用の用
    これも、合理化を最大の武器に邁進し過ぎてきた現代に亡くしてしまった 皮膚感覚じゃないかな

    人間は何故、間違えた事に気付いても、ちゃんと戻れないんだろ?

  • SECRET: 0
    PASS:
    そうですよね。私達は、戦争があった。。そしてたくさんの人の命を失い、今もなお苦しんでいるという事実を伝え続けていかなければならない。。自己を育て揺るがない心を、本当の幸せとは。。
    今日は、満月ですね。明るい未来がありますように。。

  • SECRET: 0
    PASS:
    篠さん>>
    そうですよねー。なかなか戻れません。
    きっと偉い人達の世界も複雑になってるんでしょうね。
    大河ドラマみたいに単純でないのは解るのですが、
    もっとガッツ見せてほしいですよね。
    スクールウォーズが衛星放送で再放送決定らしいです!

  • SECRET: 0
    PASS:
    モンキーさん>>
    沖縄にいたとき、
    高校生の修学旅行が来まして、
    キャンプを担当したのですが、
    海で遊びまくって面白かったです。
    月がきれいだったのを思い出しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。