かわいい種には旅をさせろ


広島に帰ってきました。
北海道をめぐりながら、
パン教室をやったりパン焼いたり。
その間のミッションは、
「種を常温で保持しつつ帰還せよ!」
20日間。
真夏の常温で、
ときには車の中に放置されたままだったり、
ときには存在を忘れかけられたり。。
今日、種は無事に堀越店の冷蔵庫に帰還しました。涙
健全な状態でございます。
今回の旅で、
私は種ともっと仲良くなれた気がします。
昔のヨーロッパのパン屋は、
種を抱いて寝ていたらしい。
そんな感覚がわかったからです。(暑いから放ったらかしてたけど)
では、
夏の炎天下での種継ぎ方法を。
ーーーーー
粉 100
水   40〜50
種  50〜100
を1日一回捏ねる。
だけです。
種はパン屋さんにもらった方がいいです。
ーーーーー
この旅で学んだことは、
種は強いです!
だから、
本来はパン作りはとても簡単な作業なのです。
難しくされてるだけなのです。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

100年続くパンinカモシカ

久しぶりの東京

関連記事

  1. 神戸へ行きました

      行ってきました。 パンの町、神戸。  お目当ては、 石窯マニアの殿堂にして聖地。 あ…

  2. リンゴの木のように

     リンゴの木は、自ら育てあげた、真っ赤なリンゴを、いとも簡単に落とし、手放す。楽しかったこ…

  3. パン教室シュトーレン編はやっぱり夜までだった

    「目は詰まっているけど、なにやらしっかり発酵している」というキーワードで行った今回のシュトーレン…

  4. ツバメのピヨ

    パン屋の屋上でツバメを飼っていた。桜は満開。おりしも西から大きな低気圧が近づいて来て、今にも嵐…

  5. 焼きたてのパンは食べないでください

    休みも4日目、冷蔵庫に入れてたパンをスライスし、しっかり熱したトースターに数十秒入れ、ほんの…

  6. 勝ってから泣け!

    理想のパンに向けて、いろいろ実験しています。一つの実験には何週間も、何ヶ月も要します。やってもや…

  7. 好きにさせてたまるか!

    最近私も年を重ねたせいか、耳に毛が生えてきました。油断すると、サワサワと風になびいています。…

  8. さかずきの季節

    春と言えば、卒業と入学。友との別れと新生活。3月のまだ肌寒い時に、感じた別れの寂しさは、…

コメント

    • ナーナ
    • 2014年 8月 06日

    SECRET: 0
    PASS:
    あの・・・毎日増え続けるタネは、どうされましたか?

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ナーナさん>>ごめんなさいしています。涙
    毎日パン作るか、冷蔵庫利用したら、捨てなくてすむんですが。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP