かわいい種には旅をさせろ


広島に帰ってきました。
北海道をめぐりながら、
パン教室をやったりパン焼いたり。
その間のミッションは、
「種を常温で保持しつつ帰還せよ!」
20日間。
真夏の常温で、
ときには車の中に放置されたままだったり、
ときには存在を忘れかけられたり。。
今日、種は無事に堀越店の冷蔵庫に帰還しました。涙
健全な状態でございます。
今回の旅で、
私は種ともっと仲良くなれた気がします。
昔のヨーロッパのパン屋は、
種を抱いて寝ていたらしい。
そんな感覚がわかったからです。(暑いから放ったらかしてたけど)
では、
夏の炎天下での種継ぎ方法を。
ーーーーー
粉 100
水   40〜50
種  50〜100
を1日一回捏ねる。
だけです。
種はパン屋さんにもらった方がいいです。
ーーーーー
この旅で学んだことは、
種は強いです!
だから、
本来はパン作りはとても簡単な作業なのです。
難しくされてるだけなのです。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

100年続くパンinカモシカ

久しぶりの東京

関連記事

  1. 修行のしなおし

    蚊がいやだ。ハチが怖い。ヘビが恐い。クマが恐い。周りの気配がわからない。山に拒絶されてい…

  2. ドリアンは2周年。パンの神が降りてきた。

    「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」 今日、はじめて、「これは!」、というパンが焼けた。 パ…

  3. ワイン会楽しかったです

    今回のテーマは、トロトロチーズですので、村井先生はこの巨大なラクレットチーズを準備。(この写真…

  4. 今は景気が悪く、だから良い時代だ。

    いい時代に生きているな。この前の日曜日、深夜12時頃集合の、イタリアンやフレンチ、バーにチー…

  5. モンゴルの肉はニンニク風味

    「モンゴルホームステイのモンゲル」モンゴルといえば、羊。 肉が主食の国です。 そして、この肉…

  6. 市民球場と再会

    広島市民球場。小学生の頃、土曜日のデーゲームに、幼なじみたちとよく通った。外野ライト席から、…

  7. ワインとチーズとパンの会inポリポ

    今回はスペシャルということで、宮島口にあるナポリ料理「ポリポ」で行いました。「今回は、料理がす…

  8. 春の嵐。産みの苦しみ。

    ビュービューピュー。すごい風が吹き、冷たいみぞれが降っていた。木々の枝は折れ、風に飛ばされ…

コメント

    • ナーナ
    • 2014年 8月 06日

    SECRET: 0
    PASS:
    あの・・・毎日増え続けるタネは、どうされましたか?

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ナーナさん>>ごめんなさいしています。涙
    毎日パン作るか、冷蔵庫利用したら、捨てなくてすむんですが。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP