porto滞在 旅44日目









7月17日
ポルトガルのパンは食べやすい。
皮は薄めで、中はけっこうしっとり。
ワインもわざと若く収穫して、酸味ある緑ワイン。日本にも合うとおもう。
ライ麦パンもある。
ポルトガルの、パンはおくぶかい。
ポルトはポルトガル発祥の地。
かつてはポルトワインをがんがん輸出していたのだ。
きっと、日本にも来ていただろう。
そう考えるとなかなか他の国にはない親近感を感じる。
が、今は少々寂れている。
栄枯盛衰。歴史の流れははやい。
油断大敵なり。と思い知らされる。
植民地なんてもたずにせっせと働けば良かったのに。
一度贅沢をした国はなかなか元には戻れない。ともおいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スペイン巡礼北の道3日目〜バリオ デ イビリ

スペイン巡礼北の道4日目〜マルキナ

関連記事

  1. たまにはちゃんと、ベルリンでパン屋巡り

    3月1日ベルリンベルリン在住の、エミさん、ミナさんと待ち合わせ。カフェでお茶をして、パン屋巡り…

  2. ポルトガルで「母ちゃんただいま!メシメシ!」

    パン屋をやっていると思うわけです。そもそも、日本の食べ物や気候に、パンって合うの?と。。ポルト…

  3. 市民がつくる電力会社の作り方

    『市民がつくった電力会社』の著者、田口理穂さんに会いに、ブリュッセルへ行ってきます。チェルノブ…

  4. パン屋って本当は楽しかったんだ

    (石窯に薪をくべる、バルタンさん。名前が超覚えやすい!でもすごいいい人。)久しぶりにパン作ってい…

  5. 木質ペレット窯-やっぱりポルトガルだなー

    私はポルトガルがもう大好きなのです。これは愛かもしれません。思い出フォトを見てるだけで、お腹が…

  6. タコのおじやとパンを食べる夢のような国

    ベルリンから飛んで、今ポルトガルに来ております。ずっとこの国に来たかったのです。日本のパン文化…

  7. なんとなく得た情報でやんわり叩かれる

    ベルギーのブリュッセルに来ています。昨日は深夜まで、パン屋の分際で、欧州在住のジャーナリストお…

  8. ベルギーの石窯パン屋La feune du Humeau du …

    ベルギー・ブリュッセルの薪窯。この辺りはフランス語圏だからか、窯もフランス風。このパン屋さんの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP