旅するパン屋④/ドイツでーパンは文化の味がした

(『中国新聞』2007年7月19日掲載)
フラフラしていた大学4年生の冬。
僕はドイツに行った。

その地で食べたパン。
カイザーゼンメルという堅焼きパンや、
プレッツェルというビールのつまみパンは、やっぱりおいしかった!

そこで、
お土産に買い、日本で食べたら、
これが全然美味しくなかった。

なぜだ?

「ドイツと日本では、湿度がちがって、
そこから派生して、口の中の湿度も異なります。
すなわち、
美味しいと感じる食物の柔らかさ、しっとりさ、
というものは気候に左右される為、
そう感じたのです。
そうなのです!」

と専門家なら両断してしまいそうだけど、
僕の考えは違う。

日本で食べるドイツのパンが美味しくなかったのは、

ここに、
ライン川が流れていないからで、
その河畔にある古城がないからで、
また乾いた大地に根付くブドウ畑がないからで、
どこまでも続く麦畑がないからで、
古い町並みがないからで、
石畳の通りがないからで、
古い自転車に乗っているおじいさんがいないからなのだ。

つまり、
ドイツパンを美味しく彩っていた、周りのキャスト達が全くいないから、
パンも精彩を欠いてしまうのだ。

「だったらひるがえって、
日本はどうなのです。
日本で西洋のパンを食べるなんて、ならば本末転倒、
日本文化の行き着く先の、
根無し草文化の象徴が、すなわちパンであり、
すなわちパンなのだ!」

と専門家なら激しく叫びそうだけど、
僕の考えは違う。

日本は色んな文化を飲み込み、噛み砕き、
自分のものとして消化してしまう、
という他の国にはなかなか見られない特技をもっていて、
だからこそ、
この小さな島国は日本であり得た訳だ。

日本でパンが作られはじめて、まだ一世紀ちょっと、
まだまだモグモグと咀嚼中なのだ。

そもそも本当の文化の趣に、洋の東西はない、
本当にいいもの、手作りのものは、
どちらにも通用するし、共通項を多く持つ。

ゴッホが浮世絵を学んだように、
明治時代の洋館が和の趣に満ちているように、
それらは相容れられる。

とにもかくにも、
美味しいものを食べたかったら、
美しい山川と、
趣(おもむき)満点な文化を守らなければいけないのだ。

ならば!
僕は、
何世代も変わらないシンプルなパンを目指し、
焼きに焼き続けるのが役割なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。