いいとこさがし


 「石窯パンのドリアン」
 最近教えてもらった
 ”いいとこさがし”
 という言葉が私の中で流行語大賞をとる勢いではやっている。
 
 今日は、三越デパート八丁堀店のフランスフェアでパンを売ったのだ。
 夜中の11時には一番最初のパン生地をこね上げている”中本さん”。
 いつもだれよりも早く起きている。大変なのにな。、
 さすがの技術とミスターA型と呼ばれるスケジュール管理で、
 最高のパンをつくる我が父”社長さん”
 ハートを全面に出して、
 まるでラモスのサッカープレイのように、
 接客するわが母”オクサン”
 二人とも体を壊さぬように。。
 天然故のこわい物知らずと、パンへの情熱で勝負する”松田さん”は、
 今日はフル回転で売り続けた。
 本当はパンを焼きたいだろうに、、。
 その若い松田に「あの人はさすがです。」、と言わしめた、
 本当にパン好き、そして押しの営業の”折出さん”も、
 今日はフル回転で売り続けた。
 家庭も忙しいだろうに。。
 そして、
 沈着冷静なパン職人で実はトランぺッターだと今日判明した、
 ”明石さん”
 本当はパン作りの技術をもっているのに配達にまわってくれている。
 頭がさがります。目をみれません。
 みんなの”いいとこ”が結集して、
 今日は3時にパンは全部売り切れたのでした!
 ありがとう!!
 

4件のコメント

SECRET: 0
PASS:
むかし、ハウス名作劇場でやってたアニメ。
世界の名作をアニメにしてたやつですね、赤毛のアンとか。
その中の一つでポリアンナて娘が主人公の話。
その娘の得意技が良かった探し(多分?)だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。