カッパをつかまえる

 「カッパを捕まえにいこう!」
 
 次の休みの日に、
 甥っ子(中2)とカッパを捕まえに行く。
 そう、これは、
 夏休みの自由研究の手伝いなのだ。
 
 あそこならいるはずだ!、と思っていたところがあるのだ。
 三段峡の奥、あそこならいる。
 甥っ子は図書館でカッパについて調べた。
「小指で岩を持ち上げるらしいよ」
 うーーん、そうか、なるほど。
 調査がんばっているな。
 俺は、もしも、、、、もしも、万が一、カッパが見つからなかった時のために、
 東急ハンズにカッパの着ぐるみを買いに行った。
 これも甥っ子への愛である。
 
 ところがなんとカッパは売り切れ、
 ウサギや猿からセーラー服やチャイナドレスまでそろっているのに、
 カッパだけ品切れなのだ。
「一週間はかかります。。。カタログ注文で。。。。」
 カッパは社会にこんなにも求められているのか!
 いやまて、カタログって何だ?
 カタログ一冊、カッパグッズだらけなのか?
 カッパカタログか。
 そもそもどんな使い道があるのか?
 やはり生活に疲れた主婦が買いにくるのか?
 主人が帰ってきたら「カッパ」ででむかえるのか?
 息子が塾から帰ってきたら「カッパ」でご飯を作っているのか?
 なるほど、人生の悩みなんて吹き飛びそうだ。
 やっぱりカッパはすごいな。
「焚き火を囲んで眠る学校」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。