LOHASとパン屋

 
 氷が溶けはじめ、
 アラスカのイヌイットは狩りができなくなった。
 雨が減り、
 モンゴルの遊牧民は家畜を養えなくなった。
 温暖化は、
 自然と隣り合って暮らしている人々を、
 最初の犠牲にしてしまう。
 その人々は、原因を知らない事が多い。
「私たちが川を汚してしまったから、
 雨が減ったのだよ。」
 と、老練の遊牧民は私に言った。
 
 原因は都市にある。
 けど、
 切迫感は都市にはない。
 LOHASは、
 アメリカの都市で生まれた。
 可能性も感じるけど、
 都市らしさも感じる。
 そんな事もたま〜には考えながら、
 パンを焼くのでした。
 
 

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    ども。今回、深いっすね。
    ロハスっていうのも、一種ファッションだったりするし。

    僕自身はできることだけ、身近なエコからはじめていきます。

    話はかわりますが、個人的なブログはじめました。よかったらお越しください。

  • SECRET: 0
    PASS:
     こんにちは。
     今週はまじめウィークでして、
     ちょっとまじめに書いています。
     でも、すぐ終わりますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。