100年後のパン


100年後に残るパンを焼きたい!
そう考えると、一人では無理。
だから、パン教室したり、研修生受け入れたりしてる。
きっと100年後に日本に残っているパンは、
フランスのパンでもなく、
ドイツのでもない、
日本で育つ小麦で自然に作るパン。
心配しなくても、
必要なものは、麦の中に全てある。
塩だけ入れて焼くカンパーニュ系。
そして、
広くアジアで食べられている薄焼きのピタパン系。
これが、100年後のパンの候補だと思っています。
僕は、
バゲットを作ったり、
クロワッサンを作ったりには今は興味がない。
もっと暑くなる日本でクロワッサンは無理だし。
歴史が浅いバゲットをわざわざ真似をする必要もない。
歴史の裏付けがあって、
日本人の味覚や風土に合い、
何よりも、食べて、正直に美味しいと感じるもの。
ファッションで終わらないもの。
今回の夏休みは、
常温でタネを継ぎながら旅します。
このタネでパン教室をして、
このタネで山でパン焼いて。
初体験なのでうまくいくか解りませんが、
楽しい実験です。
タネとアドリブセッションです。
今、決まってるパン教室は、
ーーーーーーーーーーーー
7月20日:北海道洞爺湖 「kanal」でのピタパン教室(定員になりました)
7月23日:北海道「ソーケシュ製パン」でのパン教室(まだ調整中)
8月上旬:東京で(企画中)
ーーーーーーーーーーーー
100年後のパンを目指して、
沢山仲間を増やしたい旅でございます!!
ーーーーーーーーーーーー
夏休み明けは、
8月13日(水)です!!
deRienのfacebookページで、沢山ニュース流していきます〜
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏休みはセミ採りばっかりします。セミはエビの味がする!

フェリーの中で粉を練るのだ

関連記事

  1. 恋人?ブラザー?

    先週末。シフトの関係で忙しかった。20時に寝て、22時に起きて、パン捏ねて。0時に寝て、…

  2. 格好つけなくていい仲間が必要だ

    瀬戸内海に浮かぶ”伯方島”に、大学時代の部活の仲間と集合した。民宿に宿をとり、畳の間で、魚食…

  3. 泣きながら学級委員長になったかわいそうな話

    朝刊の一面。投票率の低さに、「ビリー・ザ・ブートキャンプ」しかも(応用編)、で怒りを発散、…

  4. エキゾチック・ジャパン!

    明日から夏休みです。ワインを卸してもらっている、イケダワイナリーと、キザンワイナリーを山梨に…

  5. 栗のパンで愛の頭突き!

    ”栗の渋皮入りカンパーニュ”を作ったのは、もう10年近く前になる。最初は、焼き栗…

  6. 国産ワイン

    先日、ワインの試飲会に行きました。会場で、とある大人の女性が、「国産ワインはね〜、渋すぎるのよ…

  7. 今男はだまって野菜が熱い

    フランスに行ったとき、確かにパン屋もカフェも良かったのだけど、何が良いって、市場、マルシェが…

  8. ふりむきながら登る

    山ガイドの修行をしてた時、「時々、ふりむいて後を見ろ!」と教わった。人間、必死に登っていると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP