ゆず湯


私は今でこそパン職人なぞをやっているが、
実はポン酢職人を目指している。
詳しい事情はこちら→
だからもちろん、
この季節の風呂は、
ゆず湯と決まっている。
だがこのゆず湯というもの、
風呂場に入ってすぐは、
さすがにゆずの香りがするのだけれど、
5分もしてくると鼻が慣れて、
香りがわからなくなってしまう。
ここで素人なら、
ただ時々つんつんと、
浮いているゆずをつつく、
そんな感じになってしまいがちなのだ。
恋に慣れた倦怠期のような味気なさだ。
ゆずプロの私ならそこですかさず、
秘技”しだれゆず湯”
洗濯ネットに入れられ、
水面を漂っているゆず達を、
ザバッと頭の上に乗せ、
おもむろにしだれさすのです。
まさに窒息しそうなほどの、
ゆずの香りのシャワー!
さらに、
浮いているゆずを水中から見上げる、
”逆さゆず湯”
もあるけれど、
これは我が家の狭い風呂でやってみたら、
首がつったので、
やらないほうがいいです。
さあ、明日もいいパン焼けそう。
でも、いつかはポン酢職人なるぞ!
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

3 件のコメント

  • SECRET: 1
    PASS:
    いいえ、ほったらかしですよ。洋ランもほったらかしですが、植え替える時期にきをつけてと冬はヒーターのきいた部屋にいれて水遣りをするだけですが、花屋よりは少ないけれど、毎年沢山咲いて綺麗です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。