父の言葉

お盆で、実家に姉や甥っ子達で集まった。

自分に男の子が産まれたこともあってからか、

父がふと、自分が17歳の時にインドへ旅をした時、どんな気持ちで見守っていたかを話し始めた。

行く直前に、「やっぱりやめた!」

と言わないかどうかを心配してたらしい。

もし、それをやってしまったら、それからの人生何かあるたびに、やっぱりやめておこう、という癖がついてしまうから、と。

自分はと言うと、

その時、やめたかった。。

一人で新幹線にも乗ったことないし、飛行機なんて乗ったことないし、ましてや海外、外国語。

やめてしまって、家で扇風機の風にあたってゴロゴロと夏休みを過ごせたら、どんなに幸せだろうか。

と思っていた。

でも、父の言うとおりに、その17歳の旅は強烈な体験となり、その後の僕に癖を付けた。

今でも出不精だ。家が好き。ゴロゴロ昼寝が好き。一人で飲みにも行けない。

でも、旅に出て、色んな体験をすることで、自分は成長できるんだ、という癖がついた。

さあ、自分は我が子を旅に送り出せるだろうか。

ありきたりだけど、

やっと父の気持ちがわかりました。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。