スペイン巡礼北の道29日目〜ソブラノ

ミラッツ〜ソブラノ

7時前でも見事に真っ暗なので、

出発できず。

ニワトリは泣き始めました。
草原地帯をいくり
地面が岩の地域を歩く。

でも真っ暗なので。
人が住んでない、原野は今回はじめて。

無人の原野を行きます。

なぜ人後住んでないかというと、

一枚皮のような地面を剥ぐと、一枚岩の地形。
舗装道路にみえますが岩です。。
こういうマニアにはたまりません。


7時45
て、これくらいに開けてきました。
今日イチの道は気持ちいいです。

無人の地なので登山の香りがします。
そういえば、

北の道は、

スタートのいるんから、常に牧畜とともにありました。

牛さんの香り。
人口も、多め。
やはり、

海沿いは暮らしやすいのでしょうか。
その反面、

畑は少なかったです。


9時半

roxica

のアルベルゲで休憩。

カフェコンレッチェと、

チョリソのボカディージョ。
コーヒーはポットからで、

パンも新しくはないですが、

この辺りは何も店がない区間。

あったかいものが嬉しいです。

そして、チョリソの量が、ハンパないです。

ここの夫婦は牧畜しながら、

宿とカフェをやってるみたいです。

雄牛が、雌牛を見る目がヤラシイ。

健全です。


栗の木の下で、養鶏してます。


電話が圏外続きの田舎道で、

パンの石窯発見。

おじさんが焼いてるそう!

こんなの、歩いてないと出会えません。


今日は、巡礼者に1人も会いません。。

ヨーロッパ各国の「ようこそ」、

ほとんどいっしょじゃねーか!

広島弁と関西弁の差より一緒です。


今日は気持ちいいです。

秋の気配してます。


スペイン人の自転車のおじちゃんと話す。

ちびっこ達が自転車でついていってた。

スペイン人は、2回あったら、アミーゴになる。素晴らしい。
今回の巡礼は、

わまりはほとんどドイツ人なのですが、

ドイツ人とはあまり深くなりません。不思議です。

スペイン人とドイツ人が打ち解けてるのも、あまり見かけません。

自分の個人的な感覚だと、スペイン人と一緒にいると楽しいです。
ドイツは難しいな〜。

緯度ですかね。

食文化も、合う合わないは、もうこれは、よしわるしでなくて、緯度です。
日本人にはどう考えても、

ドイツフランスの食よりも、

イタリアスペインの食が合います。
これは、何度も言いますが、良い悪いではなくて、合うか合わないかの問題です。
13時半

sobrado着。

今日の宿は、築千年近い。多分いい国作ろう鎌倉幕府の頃にはできていた、修道院の中にあるアルベルゲ。
sobrano dos nonxes pilgrims hostel

です。
部屋は、やはり、歴史を感じます。

虫の気配も感じます。

新しい綺麗なアルベルゲと、

歴史のあるアルベルゲと、

どちらにするべきか!

迷い、

歴史ある方を選びましたが、

フランス人にお酒おごってもらったし、

イタリア人のスキンヘッドと友達になれたし、

まあ、よしとします!!


近くのカフェで昼ごはん。

パンは相変わらず美味しいガリシアです。
スーパーのおじさんも面白いし、

修道士の人は洗濯機にたじたじだし、

フランス人夫婦はなぜかビールおごってくれて、最後は天皇の問題はどう思う?!

と政治色強いし、なかなか今日も濃いです。

ガリシアに入ると、

シドラ ドルチェ

というものがガリシア産で出現。飲んでみると、これがフランスのシードルそっくりの、少し甘みのある味です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スペイン巡礼北の道28日目〜ミラッツ

スペイン巡礼北の道30日目〜アルズア

関連記事

  1. スペイン巡礼北の道25日目〜ローレンツァ

    ビレラ〜ローレンツァ6時半出発暗い。日の出はますます遅くなりました。はちどとりの目が光り…

  2. スペイン巡礼34日目

    Ribadiso da baixo-pedrouzo 21,5km7,7…

  3. スペイン巡礼の旅北の道14日目〜ペンデュエレス

    今日は6時20分発。日の出は遅くて、7時くらい。途中でフランス人の高校生コンビ、トムとア…

  4. スペイン巡礼北の道31日目〜ペドロウサ

    7時出発犬と巡礼してる人もいる。フランス人の道と合流したので、人たくさん。道幅広い。…

  5. スペイン巡礼32日目

    Morgande-ligonde 26km7,5…

  6. スペイン巡礼北の道4日目〜マルキナ

    6時にだいたい日の出。みんなゴソゴソしはじめめす。寝袋とリュックをそーと外に出して準備し始めます。…

  7. スペイン巡礼42日目

    Muxia連泊今日は遅くまで寝ていた。ピレネーか…

  8. パンの穴から世界を見た⑦/エネルギーが面白い

    (『中国新聞』6月20日掲載)(『市民が作った電力会社』田口理穂 著)ハノーバーまで行きます。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP