涙のシュトーレン(教室)


あれは9年前、
パン屋を継いで初めての冬。
工房で、父親とシュトーレンの値段を決めていた時のこと。
他のお店は、
2000円とかでバンバン売っていたのですが、
それまでうちは1000円で売っていたのです。
沢山売れていたわけでもない。
自分はまだパンのことも種のことも何も理解していなかったから、
まだまだ満足のいくシュトーレンを焼けていなくて、
でも、
経営どん底の時だったので、
ここで稼がないと、ただでさえまともに給料払ってなかったのに、
ますます苦しい。
だから値上げしたいのだけど、
とうのシュトーレンはそんなだし、
まだネット店も八丁堀店もなかったから、
売れる自信も全然なくて、、、、。
そんな板挟みの中で出したギリギリの値段は、
自分の中で冒険してもやっと1200円。
なんか、その自分の自信のなさ、技術の無さ、情けなさ、もどかしさに、
父親の前で不覚にも、
「なんでや、、なんでや、、。クッソ、、。」
と、涙が止まらなくなってしまったことがありました。
そんなことがあったので、
シュトーレンは毎日毎日試行錯誤を重ねました。
この頃↓
安くないものだから、
一切れでしみじみ満足できて、
それと紅茶飲みながら窓の外眺めて、
「寒くなったねえ」
と言いながらクリスマスをまてる。
そんな日本人好みの、
甘すぎず、いつまでもしっとりしているシュトーレン。
ある程度納得いくものができたのは、
ほんの数年前のことです。
最初の頃は100個200個ほどがせいぜいだったのが、
休業前は1500個以上焼かせて頂きました。
ドリアンが今あるのはシュトーレンのおかげでもあります。
自分は変なところがあって、
もし明日自分が病気とか事故とかでパン焼けなくなったら、
このレシピも苦労も消えてしまうのかあ。。
と思ってしまうことがあります。
だから、誰かに教えておきたい。
一生懸命やって発見したいろんなポイントが、
かけらでもいいから誰かのレシピの中に残っていってほしい。
そんなとてもとても欲深いことを考えてしまうのです。
そこで、シュトーレンのパン教室します。
特に種についてはとても重要なので詳しく解説します。
だから普通のパン作りにも役立つと思います。
フルーツの漬け方から、二段階での仕込み、成形、焼いた後の処理、
帰られたあとでのメールのフォローまでと、
けっこうポイントが盛りだくさんの教室になります。
ご参加おまちしております!
(パン教室は、定員になりました。ありがとうございます!
応募頂いた方みなさんに、仕込み終わったら追ってメールさせていただきます。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シュトーレンのパン教室
日時:12月15日(日)10時〜17時
場所:ドリアン堀越本店
定員:12名(定員になりました。ありがとうございます!)
参加費:15000円
駐車場は人数分無いので無しとさせていただきます。
近くのコインパーキングをご案内します。(歩いて10分ぐらい)
最寄り駅はJR向洋駅(歩いて15分くらい)
お申込み:info@derien.jp
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。