週4日労働でパン屋激変、

「タムタム、週6日→週4日労働に変えれるよ!」

あれは、昨年の9月。

お金に関するトークショー会場で、

対談させていただいた四角大輔さんから言われました。

正直、その時、
「無茶言うな〜」
て思いました。

その時点の週6日労働も、
自分の中では工夫に工夫を重ね、
やっと6年間かけてつくり出したもので、
14時間    →8時間労働
スタッフ8人  →2人
売上げ     →変わらず
パン廃棄沢山  →ゼロ

になっていたからです。

これ以上の効率化は無理だよな。。

でもしかし、僕の中ではルールがあって、
師匠から言われたことは、どんな理不尽なことでも、
「うけたもー」しないといけない。

無条件に受け入れてやってみる。
ということ。

四角大輔さんは”こころの師”なので、ウケタモらないといけない。

こりゃ困ったぞ。

ーーーーーーーーーーー

【あれ、できた】

パン屋に帰ってから、いくつも策を練りました。
そして、試していきました。

その試行錯誤は、はしょりますが。(地味なので)(^.^)

今年の年初から、一気に週4日労働に変えました。
準備は30%くらいでした。
変えてみてから、困ったことを改善していこうという作戦です。

1月はドタバタでした。
今まで6日でやっていた仕事が、ギュッと4日で押し寄せてくる。
全体の製造量は変わっていません。
道具もいろいろ足りない。

でも、問題は少しずつ解決できました。
絶対できないと思っていた。
もうムリー。忘れたふりしよう。て思っていました。

でも、やると、意外に、できるんですね。

ーーーーーーーーーーー

効能は最初の週から、如実に現れました。

【効能1】めちゃくちゃ時間ができる
【効能2】夫婦の会話も増える
【効能3】ベビーと一日中遊べる
【効能4】勉強しようという気持ちになる
【効能5】泊まりがけの遠出も躊躇なくなる
【効能6】体は休まり、なぜか痩せる

ーーーーーーーーーーー

そこで来た、【コロナ危機】

うちの店も例外ではなく、3月中には店を閉めました。店舗の売上げはゼロに。

でも、3日間ある休みで、
夫婦やスタッフでじっくり情報収集して、話し合い、
迷わず対策を練ることができたので、
ネット店の定期購入枠を拡大して、なんとか売上げを確保することができました。

3月、4月は、20%売上げダウンしたけれど、
しっかり考える時間があったので、心は平穏。

皮肉な結果ですが、
100%ネット販売なので廃棄の心配は無くなりました。
どうしても、
天気によっては、沢山の方達の助けを必要としていた、パン廃棄ゼロが、
完全な形となったのです。

う〜ん。店舗の常連さんの事を考えると、
胃が痛く、2週間先延ばしにした店舗休業でしたが、
これも時代の要求なのかとも思いました。

ときを同じくして、
各国の小麦の輸出量が減っている、という情報も。
パンを、一つたりとも無駄にしてはいけない時代が、そう遠くないと感じます。
それには、
どんな天候にも左右されない、”予約制”が必要だと思います。

こういう時に、じっくり考えられる時間は超重要。
以前の1日休みだったら、動きを止めにくいし、変えにくかったと思います。
もっと、混乱も招いていたでしょう。

ーーーーーーーーーーー

【2拠点生活の住処まで発見】

1月から、時間はたっぷりできたので、
今までなおざりだった2拠点生活のホームプレイスとなる場所探しを再開。

働く4日を町で、休みの3日は田舎で。
そっか、週4日労働になったら、2拠点も今すぐにでも可能なんだ!!
なぜか、今まで気づいていなかった。

そうなると、ホームプレイス探しの時の、言葉の本気度も変わる。
「マジで引っ越してきますよ!」となるから、
地元の人たちも協力してくれて、、、

なんと、このコロナ騒動の最中。

いいなーと思っていた物件の大家さんから、
「売ってもいいよ」という知らせが届いたのです!
交渉は今からですが、すごいびっくりの進展です。

この、週4日労働にしてからの、怒濤の生活の変化。
激変です。すごい効能です。

ーーーーーーーーーーー

【まとめ】

頭の中に壁がありました。

これ以上は無理だ。とか、

これ以上、休んだり、労働時間減らすのは、なんだか、世間体的に、うーん、気になるな。とか、

ここら辺りが、ちょうど塩梅がいいというか、ぬるめのお風呂みたいな感じだから、これぐらいの働き方でいいかな。とか、

そんな風に思っていたのでしょう。無意識に。

そこを今回は、四角大輔さんが、ガツーンと穴を開けてくれた。

本当に、本気で、あの対談で、4日労働やっちゃえば、
と言われた時は、

「笑ってごまかしちゃおう」て思いました。(^.^)

でも、いや待てよ。
こんな×公開処刑○公開無茶ぶり、してもらえる機会は、そうそう無いぞ。
これで、自分にいっぱいプレッシャーかけたら、
自力では行けないところへも、飛んでいけるかもしれない。
レベルを引き上げてもらえるかもしれない。

よし、やってみようか!

その結果。できて、自分が一番びっくりです。

”無茶ぶり”
”うけたもー”が、
今回のキーワードだったと感じております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。