休業に入りましたが、別にホッとはしていません


昨日4月27日をもちまして、
ドリアンは1年間の休業に入りました。
最後の窯入れを終えて、
最後のパンが出てきても、
別にホッとしたり、気が抜けたりはしなかったのは、
自分でも意外なほどでした。
お客さま、卸し先、材料の仕入れ先、
本当に感謝です。
でも、
スタッフには、
言葉に言い尽くせない感謝です。
みんな、ドリアンを好きでいてくれて、
とてもいいチームでした。
毎日、当たり前のように、接していて、
明日から離ればなれになるのが実感できなくて、
「じゃあね!」
て言った後も、話が続き、
また「がんばってね!」
て言った後も、まだ話が続き、
「またね!」
「ありがとね!」
「元気でね!」
何回も何回も別れの言葉を交わしても、
なかなか名残惜しく、
話はずっと続いて、
不思議な感覚でした。
人に恵まれ、幸せ者なのに、
いつも大事なものは無くしてから気付いて、
すこし後悔し、オロオロします。
だから、
ホッとしてなんかいられないのです。
バチがあたります。
5月20日にフランスへ行きます。
これからが、
がむしゃらゾーンです。
みなさま、本当にありがとうございました。
みんな、本当にありがとう!!涙
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    Kyokoさん>>
    自分はなかなか腰が重いので、
    いろんな方に刺激頂いて、その波に乗せてもらっています。
    異国へ1年行くのも、そういう人、すごいな、勇気あるな、と思っていたので、
    自分にチャンスが来た時にも飛び込めました。
    本当にありがとうございます!

  • SECRET: 0
    PASS:
    お体にお気をつけて張り切って行っていらっしゃい。

    1年・・・永いけど、その分心待ちにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。