シャロム・ヒュッテ


先日の定休日に、
長野のシャロム・ヒュッテに行ってきました。
数年前から縁があって、
オーナーの臼井さんには、
ブログ上でアドバイス頂いたりして、
なんだか会わねばならない方だ!
と惹かれ続けていたけれど、
なかなかいけず、
この度えいやっと行ってみました。
30年経っても古びないどころか、
新しさを感じるシャロムとは、
なんなのか。
沢山見て、
ここでは書ききれないけれど、
それは、きっと、
世間のいろんなモノサシを、
取り去ったところにある、
「自然」というモノサシを、
拠り所にしているからなのでは、
と思いました。
たとえば、
教室をもたないばかりか、
昼食を焚き火で作る保育園「もりのこ」。
子供達の遊びっぷりはすごかったです。
除草剤、肥料はつかわず、
草も取らず、
耕さない、
そんな畑。
それ全体が朝日に輝いていて、
とてもとても美しかった。
他にも、いろんな取り組みが進行中だった。
とても大切なものを学べた旅でした。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

3 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    シャロムヒュッテ・・・
    10年以上前に何度かお世話になったんだよね
    長野は相変わらず毎年の様に行ってますが
    車中泊に切り替えてから 行ってないんですよね・・・
    懐かしいですね

  • SECRET: 0
    PASS:
    homoeopathy-renさん>>
    とても気持ちのいいところでしたよ。
    長野自体いいですよね〜。
    紅葉、温泉、新そば!
    良いところです〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。