パンとワインとスローフード

  スローフードというのは、
つまりはこういうことではないか、
と思った。
 それは、
 作り手の顔が見える食べ物のこと。 
 もっといえば、
 作り手の手のぬくもりが伝わる食べ物のこと。
 ところで、
 パン、というと、
 ちょっとカッコつけたい時などは、
 ワインを一緒に飲んでみたいもんである。
 でも私はワインには全く無知なので、
 ワインに詳しい人に、
 うちのパンに合うワインを聞きに行ってきた。
 藤田 和久さん。
 広島市にある「ふじた酒店」の主人であり、
 J.S.A認定シニア・ワインアドバイザーでもあり、
 そして、
 自らフランスを周り、
 これはっ、というワインを買い付けている、
 という酒屋道において、 ひじょうに熱心に頑張っておられる方でもあります。
 「そのようなパンには、ラングドッグのワインが良いでしょう」
 と藤田さんは言う。
 ラングドッグとはフランスの最南部にある地名で、
 秘かに良いワインが沢山ある所らしいのです。
「ここはファミリー単位でやっている小さなワイン工場が多いんですよ」
 家族でブドウを育て、
 摘み取ってワインに仕込む。
 地元だけで十分消費されてしまう量を作り続けているわけである。
 つまりは、
 顔の見える相手に飲んでもらえるワインを作っているのだ。
 フランスに行ったことは無いけれど、
 なんだか、ほのぼのとしたブドウ畑風景と、
 その傍らにあるれんが造りのワイン工場と、
 少し太り気味の気の良いワイン職人、
 そんなのを勝手に想像してしまい、
「いいなあ、なんだかオシャレだなあ。
 うちのパンと合うかなああ。
 それよりも自分も行ってみたいなあ。」
 とニヤニヤしていると、
「そうだ、ラングドッグのワイン工場であった社長達は、
 あなたと同じような手をしてましたよ!」
 と藤田さんに突然言われ、
 ドキッと自分の手を見ると、
 ガサガサのひび割れに炭がこびり付いている、
 手相も見れないようなかわいそうな手。
 そうだ、そうなのであった。
 私も、酵母を育て、薪を燃やしてパンを焼く。
 お店にくるお客さんの顔もだいたい覚えているし、
 通販で買ってくれるお客さんの名前も覚えられるくらい。
 それくらいの量しか焼けないけれど、
 手の温もりの伝わる、ホンモノを食べてほしい。
 という思いでパンを焼いているのだった。
 
 そうなのかあ、同じ手かああ、
 ちょっと恥ずかしいけど、
 なんだか非常にうれしい。
 会ったことないのに、
 なんだかラングドッグのワイン職人達と、
 仲間になったような、
 というより同志になったような、
 少し温かい気持ちになりました。
「石窯パンのドリアン」
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。