パンの穴から世界を見た⑫/幸せってなんだっけ?

(『中国新聞』2013年8月5日掲載)

空が白むとカモメが沢山鳴きはじめ、明るくなるとすっかり静かになる。
鳥専門家でないので何故かは解らないが、そんなカモメな6時頃目が覚めた。
けれど8時まで寝袋の中でヌクヌクしていたのは、
昨日で900キロ歩いた巡礼の旅も終わったから。
スペイン北西の漁師町ムシア(MUXIA)。
港に面したカフェに入り、カフェオレとトーストを食べている。
マスターがゆるく働き、子猫がカウンターの中を走り回ってる。
TVから大きな音でサッカーや牛追い祭りのニュース。
地元の人にたまに巡礼者、パン屋が配達に来たりして、ゆったり賑やか。
飽きるほどスペイン的パンを食べてきた。
しかしこの最後の町で日本とそっくりな角食トーストを食べている。
「パンじゃないのよ、大切なことは。」
とはぐらかされているよう。
幸せってなんだっけ?
巡礼者はそんな”ポン酢”のCMようなことを考えつつ、
重い荷物を背負い坂道を登ったり下ったり。
その道中、幸せを与えてくれるのは、金でも宗教でもなく、人間だ。
人は人と関わることで幸せになる。
スペインの町の外側は畑や牧草地が広がる。
店もコンビニも自販機も無い。
かわりに町にはギュギュッと住居が肩を寄せ合って暮らしてて、
どんな小さな村にもカフェやバル(簡単な飲み屋)がある。
個人経営の小さなお店。
地元の人が歩いて来て、近所の人としゃべり、一杯飲み、
TV見て、夕涼みして、ボーっとし、通りかかる人に声をかける。
その雰囲気は、
外は寒く暗くても、 家族で鍋を囲みポン酢で頂くその湯気の周りだけは、ホカホカ幸せな感じ、というのに似ている。
だからかこの国は笑顔の量が多い。
老若男女皆大きい声でよくしゃべる。
おじさん、おばさん皆元気。
会話が元気をくれることを知っている。
チェーン店で飲むコーヒーもたまには良い。
だけど、じいさんになっても歩いて通えて、馴染みの店主のいるお店。
その方が、幸せってなんだっけ、の答えに近いと思えたスペイン巡礼の旅でした。

(石窯パン職人=広島市、ヨーロッパ修業中)
——
ああ、スペイン巡礼、今思い出しても、めちゃくちゃ楽しかったです。
ずっと歩いていたかった。
スペイン巡礼の日記もブログに書いてるので読んでみてください。
読んで欲しい!
読んでください!!!
「スペイン巡礼日記」
連載は18回まで、もう少し続きます!!
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

遠足談路、WOODPROでまってます。

マルシェしかないですよ!!!

関連記事

  1. パンの穴から世界を見た⑥シードルの複雑さ

    (『中国新聞』6月13日掲載)フランスのリンゴの酒シードルが好きだ。 シードル用のリンゴは、甘…

  2. パンの穴から世界を見た⑪/気遣わない文化

    (『中国新聞』2013年7月29日掲載)まだまだスペイン巡礼中です。巡礼宿という所で、…

  3. パンの穴から世界を見た⑨/スペイン巡礼の旅

    (『中国新聞』7月1日掲載)スペイン北西部に、”エル・カミーノ(El Camino)”、という8…

  4. パンの穴から世界を見た ②

    ふらふらしたパンの立ち位置とお日様の関係  (『中国新聞』5月9日掲載)フランス北部に、「メテ…

  5. パンの穴から世界を見た⑤/錬金術なんてない

    (『中国新聞』5月30日掲載)(巨大な薪窯でパンを焼くセルジュさん㊧フランスのサン・ロ)フラン…

  6. パンの穴から世界を見た④

    ボラの悲しみ  (『中国新聞』5月30日掲載)(マルシェで売られていたボラ左。右はアナゴ、フラン…

  7. パンの穴から世界を見た③

    パン屋と言語の関係  (『中国新聞』5月23日掲載)ベルギーの首都ブリュッセル。ここから「ル・…

  8. パンの穴から世界を見た⑦/エネルギーが面白い

    (『中国新聞』6月20日掲載)(『市民が作った電力会社』田口理穂 著)ハノーバーまで行きます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP