知恵とはなんだろう

知恵、
大好きな言葉です。

でも意外と知られていないのが、
知恵とはなんぞや?
ということ。

では、例えば、
知恵を感じるのはどんなとこ?
酒蔵での酒造りとか、
田んぼでの米作りとか、
昔ながらの建築だったり、

そして、
伝統的な製法であればパン作りからも、
だったりします。

自然界には、
いろんな生物がうごめいていたり、
邪魔したり、助けてくれたり、
乾燥してたり湿ってたり、
酸性だったりアルカリだったり、
暑かったり寒かったり、
します。

そんな自然界の皆さまと、
「まあまあ、そこはどうにかならんでしょうか?」
と折り合いを付けていくことが知恵です。

まさに、自然界と人間界の境界線上でのやり取り、折衝、談合、裏金、
それが知恵です。

パンだって、
乳酸菌や酵母菌に好きなようにやらせておくと、
ただのドロドロの物体になります。
そこをなんとかお互い納得の玉虫色の解決策をだすわけです。

その一つ一つが知恵です。
ルヴァン(発酵種)も知恵。
配合も知恵。
窯の火の加減も知恵です。

その知恵が積み重なって行くと、、
文化になります。

ヨーロッパのパン文化はしっかりあるけど、
日本のパン文化がいまいち薄いのは、
知恵の厚みがないからです。
サラサラっと何か入れて、
ガーッとやってしまえば、
そりゃ文化はペラペラです。

業者が持ってくる新しい素材や製法を試すような暇があれば、
古いパン作りから学ぶ知恵は限りなく有るはずなのです!

文化は人間にとっては、
毛布のようななんだか気持ちのよい安心できる存在です。

なぜ安心できるかというと、
こうすりゃいいんだよ〜、
という安心材料の知恵が折り重なっているからです。
言い換えれば、
ご先祖様たちの汗と涙でためた貯金です。
貯金額が分厚ければやはり安心です。

だから、
力まかせに、これが科学の力だ〜と、やってしまっては、
知恵が働く場面はなくなります。
知恵は忘れられて、、
そしてだんだん文化が痩せて、、
なんだか、
みんな不安な心もとない感じになってしまいます。

だって、人間だもの、、です。
人間は文化の毛布でぬくぬくするのが好きなんです。
だから各国各地域に文化があるんです。

日本の工業化を支えたのは、
実は農村社会や、職人社会の知恵だったと思います。
でも、
いまやそんな知恵を効かせて働く人々や集団が減っている。
農村がさびしくなり、
職人よりも、
パソコンの前の方が儲かる。

きっとこのままでは、
あまりよろしくありません。
エネルギーが枯渇するというか、貯金を使い果たしてしまいます。

となるとやはり、
農、職人を目指せ!

となるのですが、
最近の研修や見学にくる若者をみていると、
その辺り、
わかっている気がします。

その辺のおっさんよりよっぽど立派です。
明るい兆しありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。