小さい頃8月6日は怖い日でした


広島の小学生。
毎年夏になると原爆の学習はある。
それで行った原爆資料館の入り口で、
私は一人ダッシュで逃げ出し、
制止する先生を振り払い、
遠くへ遠くへ走っていった。
その後、
同級生のお父さんに発見され、
ソフトクリームを買ってもらい、
ハトを追っかけたりしていた。
小さい頃に見た資料館の蝋人形や写真が怖くて、
毎日寝る時、目をつむると思い出してしまい、
トラウマになっていたのです。
もの言わぬ資料が幼い心に焼き付いた。
自分はとても良い教育をうけたと思っています。
語り部の方が年々減っていく。
ヒロシマの8月6日も、
テレビ、新聞からは怖い映像はなくなった。
美談が多くなった。
なんだか、
きれいな平和都市ヒロシマ。
こわくない式典になってしまった。
広島市民球場の跡地は、
あの広さ一面の蝋人形の展示にすればいいのに、と思う。
見渡す限りの。
もの言わぬ展示にすればいいだけなのに。
本当に起こった出来事の、
資料や映像は100年経っても、人の心に焼き付く。
市長や首相の紋切り型のスピーチは、
なんの役にも立たない。誰も覚えちゃいない。
小学生達もアホかと思って聞いている。
怖さや恐怖が、きれいごとや美談にすり替えられた時に、
人は過ちを繰り返すのだと思います。
少し心配。
--------------------------------------------------------
パン屋にそぐわぬブログで失礼。
でも広島に住んでるものの責務でありますので。。
deRienのfacebookページには写真や最新情報バリバリです
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    井上 邦代さん>>
    ありがとうございます〜。フランスは9月1日からになりました。ナントに行く予定です。井上さんはパリコレに参加!なのですね。すごい〜。FBなかなか難しいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。