セルジュさん料理通信を台無しにする


(セルジュさんと窯入れの写真)
ちょっと前の『料理通信7号』
パン特集だったのですが、
その最後に、
僕がフランスで一番感銘を受けたパン屋、
「セルジュさん」
が出てきた。
今でも、パン作りに迷うと、
「セルジュさん、セルジュさん」
と2回唱える。
すると。。
なんだか、笑える。
「ああ、こんなことにこだわってたらダメだな」と思える。
それほどセルジュさんは突き抜けていたし、
そのくせウェルカムでどんどんメッセージを投げてきたし、
パンが焼けるのを待つ間、僕が投げかける質問にもどんどん答えてくれた。
工場の箱に腰掛けて夜遅くまで。
今回の記事の中でも、
セルジュ語録が光っていた。
その中でも、
「おいしさを求めることは、危険だ」
という言葉は、
このパン特集自体を否定し台無しにしてしまうんじゃないのかと、
ハラハラしてしまうほど鋭かった。
「何を細々とパン作りしてるんだい、日本のパン職人。大事なのはそんな事じゃないんだよ。」
と言ってるようだった。
成形を手伝わせてもらった時、
丁寧にやっていると。
「おいおい、何やってるんだ。
 いいか。
 セルジュの成形はこうだ!!!」
と生地を子どもが粘土で遊ぶように、
ぐちゃっと潰した。
僕が、
「super!(すげー)」
と叫ぶと、
セルジュさんは、
すこしはにかんだ笑顔で、
「これでいいのだ」
と言った。
ーーーーー
セルジュさんの事は沢山ブログに書いてるので、見てみてください。
セルジュさんレポート①
セルジュさんレポート②
セルジュさんレポート③
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

やはり三歩進んで二歩下がるのだ

パン屋を親子でするもんではないけど。。

関連記事

  1. 原発の問題。フランスに来るとよく聞かれます。

    このブログで原発のことについて書いたときがありました。原発と、もったいないと、人間だもの沢山のご…

  2. フランス極秘潜入調査報告その1

    パン屋をやっていると、飲食業とか、花屋さんとか、家具屋さんとか、経営者の友達が増えます。そん…

  3. 新しいものへの寛容さ

    ベルギー、ドイツ、ポルトガル、スペイン、を3週間旅して今日フランスに帰りました。もちろんパンも…

  4. 料理人すごいなと思った

    パリで修行中の料理人、赤井さんがナントに来てくれた。広島、薬研掘のコナミさんのキッチンにいた彼で…

  5. 再びフランス大使館へ

    始発の新幹線に乗り。東京広尾のフランス大使館に着いたのは、11時。窓口では運悪く、怖そうな人…

  6. ずっと昔から陸続きだったのだ

    久しぶりの異国生活で、8年前に2年住んでいたモンゴルのことをすごく思い出します。日本とフランス…

  7. ストラスブルグの大聖堂のミサ聞きながら

    大きく荘厳な教会の中。まるで絵のような光景。心地良い賛美歌。香が焚かれ煙が立ちのぼり、ステ…

  8. 市場を見ればいいのだ

    ナントの中心部では毎週土曜日に大きなマルシェがひらかれる。やはり、市場はワクワクします。売る人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP