セルジュさん料理通信を台無しにする


(セルジュさんと窯入れの写真)
ちょっと前の『料理通信7号』
パン特集だったのですが、
その最後に、
僕がフランスで一番感銘を受けたパン屋、
「セルジュさん」
が出てきた。
今でも、パン作りに迷うと、
「セルジュさん、セルジュさん」
と2回唱える。
すると。。
なんだか、笑える。
「ああ、こんなことにこだわってたらダメだな」と思える。
それほどセルジュさんは突き抜けていたし、
そのくせウェルカムでどんどんメッセージを投げてきたし、
パンが焼けるのを待つ間、僕が投げかける質問にもどんどん答えてくれた。
工場の箱に腰掛けて夜遅くまで。
今回の記事の中でも、
セルジュ語録が光っていた。
その中でも、
「おいしさを求めることは、危険だ」
という言葉は、
このパン特集自体を否定し台無しにしてしまうんじゃないのかと、
ハラハラしてしまうほど鋭かった。
「何を細々とパン作りしてるんだい、日本のパン職人。大事なのはそんな事じゃないんだよ。」
と言ってるようだった。
成形を手伝わせてもらった時、
丁寧にやっていると。
「おいおい、何やってるんだ。
 いいか。
 セルジュの成形はこうだ!!!」
と生地を子どもが粘土で遊ぶように、
ぐちゃっと潰した。
僕が、
「super!(すげー)」
と叫ぶと、
セルジュさんは、
すこしはにかんだ笑顔で、
「これでいいのだ」
と言った。
ーーーーー
セルジュさんの事は沢山ブログに書いてるので、見てみてください。
セルジュさんレポート①
セルジュさんレポート②
セルジュさんレポート③
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

やはり三歩進んで二歩下がるのだ

パン屋を親子でするもんではないけど。。

関連記事

  1. 教えてもらった石窯料理その2

    「りんごと洋梨のフランベ」今日紹介するのは、とても簡単にできるデセールでございます。前回の鴨を…

  2. 町の活気

    ナント市は人口たったの28万。それでいて、この町の活気は何なのだ。個人経営の店が軒をつら…

  3. 石窯部品輸入業はじめます。もれなくパンレシピ付き。

    日本への石窯部品の輸入。第1便の試験航海は2月15日に出航が決まりました。部品屋さんとの交渉を…

  4. カナーさんを石窯で焼いてみる

    フーニル・ド・セードルの女将ゆかりさんに、石窯料理を教えてもらいましたので、レッツクッキング。…

  5. 竹鶴の生酛造りの日本酒を持ってフランスへ

    (↑昨年蔵を見学させてもらった時の写真。蒸し米を麹にする行程。)我が師と仰いでおります、竹鶴酒…

  6. 刺激的な世界から現実のウィーンへ

    最近はパンは全然触っていなくて、フランス語を真面目に勉強しています。という名目で、キャンパスライ…

  7. 古い石窯、村人が持ち寄ったものを焼くのだ。

    Saint Pierre-sur-Erveは人口140人ぐらいの小さな村だ。そこには1700…

  8. ガンダムの部品みたいな石窯部品

    この、ガンダムの部品みたいなパーツ。石窯仲間の為、また自分自身も興味あるので、輸入した石窯部品で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP