バレンタインの悲劇

バレンタイン近づいてきました。
ブログには書いたことあるので、知ってる方もいるでしょうが、
もう一度思い起こしてみましょう。
バレンタインの悲劇を。。
小学校5年生くらいのバレンタインの日、
学校に行くと女子が近づいてきて、
「タムラくん、〇〇ちゃんがチョコあげるって言ってるよ」
と予言めいたことを言い残して去っていった。

こんな楽勝のバレンタインがあるだろうか。
朝一でチョコが確定なのだ。
あとはゆっくりと”その時”が来るまでの余韻を楽しめばいいのである。
休憩時間後に、ちょっと机の中を手だけで探ってみたり、
さりげなく、カバンの中を探ってみたり、
そんな行為にも、
どこか心にゆとりがある。

はいはい、
放課後ってことね。
と一人納得する。
そして、
みょうにソワソワしつつ、
ちょっと照れくさくい気持ちも抱きつつ、放課後はやってきた。
さあ、来なさい!

でも、なかなかその時は来ない。
おかしいな〜。
教室に人も少なくなってきた。
そんな時、
また朝の女子が近づいてきた。
そして、
「あ、ごめん、アレ、タワラくんと間違えちゃった。テヘ。」
と軽く言い放ちさっさと去って行った。
タムラとタワラ、似てるっちゃ似てるけど、今日だけは間違えないで欲しかった。。

日本刀なみの切れ味だ、
しかもその使い手の肩には力が入っておらず、
それが逆に素晴らしい切れ味を生み出しているパターンだ。
僕は一人、教室の後ろあたりに立って、
意味なく窓の外見たりしたのち、
さあ、帰ろう、
帰って牛乳一気飲みしてえ、と思ったのでした。
ーーーーーーーーーーーー
と、
長い前置きでしたが、
2月11日(火)建国記念日、
”京橋マルシェ・談路”にて、
そんなほろ苦いチョコのパン、一日だけの復活です!!!
60個焼きます。

来てくださいませ〜。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

八丁堀店が水曜日も開くらしいですよ!

フランスから学んだことはこれです

関連記事

  1. パンを焼けなくなる日

    AMラジオから、菓子屋「赤福」のニュースが流れている。ーーーーーーーーーーーーーーーー以前、…

  2. パンと子ども達

      幼少の頃の思ひで。母:「二階からボタンと糸をとってきてくれる?」小さい僕: 「イヤだ。」…

  3. 帰って来たワインとチーズとパンの会

    といいますか、講師、村井さんが、フランスから帰ってまいりました。気合も入って、テーマはヤギ…

  4. 石釜でバケットを焼く

      石釜で焼くバケットを毎日試作している。 焼けども焼けども、 なかなかいいのはできない。 一…

  5. 情けは人の為ならず

    親切はいずれ自分に帰ってくるんだよ。という意味だ。私はそんなケチな想いで、募金をしています。…

  6. LOHASとパン屋

      氷が溶けはじめ、 アラスカのイヌイットは狩りができなくなった。 雨が減り、 モンゴルの遊…

  7. 山でパン食べる

     休日。 モンゴルから来ているダリアと一緒に近所の山に登った。 標高566mの低い山だけど、 …

  8. 久しぶりに山に行きました

    本当に、蜘蛛の巣が気持ち悪く、泥がきたなく感じて、アブにイライラし、ヘビにビビる。日常、全てがほ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP