パンの穴から世界を見た⑪/気遣わない文化

(『中国新聞』2013年7月29日掲載)

   
まだまだスペイン巡礼中です。

巡礼宿という所で、
大部屋に何十人もが二段ベッドで密度高く寝起きするので、
いろいろと文化の違いが見えてきます。

非常にざっくりした感想を言えば、
ヨーロッパ文化は「気遣わない文化」だと思うのです。

良い悪いの話ではなく「気遣うべし」という考え自体がない。
そこは「気遣えないやつは社会人失格である」という日本とは両極のようです。

巡礼宿では誰かが寝ていようが大声で話し、笑い、
ママに携帯で電話をかける。

「だってまだ消灯時間前だもんね」
という筋の通り方であります。

極端な例では、
「早朝5時事件」がありました。

60人が寝ている大部屋の電灯が早朝5時に突如ピッカリと点灯され、
何だ何だと皆驚いている横で、
おばさん巡礼者が余裕で出発準備をゴソゴソと始めたという事件です。

ヨーロッパの国々では、
こんなことも起こりえるぞ、というお話です。

だから気遣い重視のサービス業、
東京ディズニーランドの神業ホスピタリティなどは、
やはり日本でしか考えられないわけです。

が、しかし!!

話が農業、食品製造業になると、
「気遣わない文化」がうまく作用することになるのです。

なにせ気遣いゼロなのですから
「品種改良してもっと甘くしてみましょう」とか、
「品質改良材なるものをサラッと加えてお客さまをもっと喜ばせましょう」とか
「長く日持ちするようにしますので安心して食べてくださいませ」
という考えもまたゼロなわけです。


(グルテンの少ない粉で頑固に焼き続けられている)

だから、
ワインなら土着のブドウだけ、
ハムなら近所の肉と塩、
パンならその地域の麦と塩だけ。

「うちはじいさんの代からこうやって作ってるんですよ。
材料も製法もさらさら変える気なんてありません。
文句あるかー。」

そんなわがまま頑固おやじだらけなのです。

(ずっと変わらず巡礼者定食を出してる食堂のオブジェ。頑固です。)

これが食文化の質を強烈に支えているわけで、
結局は消費者に恩恵を与えている、
という面白い現象であります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スペイン巡礼フランス人の道43日目〜ポルトに来た

パンの穴から世界を見た⑫/幸せってなんだっけ?

関連記事

  1. パンの穴から世界を見た ① 

    パンの穴から世界を見た  (『中国新聞』2013年5月2日掲載)唐突ですが、子どもの頃にやっ…

  2. パンの穴から世界を見た⑭/家族のパン

    (中国新聞 2013年8月26日掲載)昨年9月にヨーロッパに渡って1年近く。この旅もそろ…

  3. パンの穴から世界を見た⑥/シードルの複雑さ

    (『中国新聞』2013年6月13日掲載)フランスのリンゴの酒シードルが好きだ。シード…

  4. パンの穴から世界を見た⑩/巡礼路のサンドイッチ

    (『中国新聞』2013年7月15日掲載)           スペイン巡礼の道を歩き…

  5. パンの穴から世界を見た③ パン屋と言語の関係 

    (『中国新聞』2013年5月23日掲載)(ル・パン・コティディアン、ブリュッセルにある1号店…

  6. 豊かさのレシピ (パンの穴から世界を見た、の前書き的な、、)

    もうもうと黒い煙をたてながら、石窯の中で薪が燃えている。…

  7. パンの穴から世界を見た⑫/幸せってなんだっけ?

    (『中国新聞』2013年8月5日掲載)空が白むとカモメが沢山鳴きはじめ、明るくなると…

  8. パンの穴から世界を見た⑨/スペイン巡礼の旅

    (『中国新聞』2013年7月1日掲載)   スペイン北西部に、”エル・カミーノ(El…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP