生カキ→パンにバター塗ったの→ワイン→無限ループ

広島と言えばカキです。
そして、
生カキと言えばパンです。
でも、
広島では生カキをほとんど食べない。
僕の知る限り、
カキの産地で生カキを自信をもって出せない産地はない。
くやしくないのか!
という思い、大事なんじゃないかと思うのです。
そこに挑戦し続けているのが、
「かなわ水産」
真夏でも生で食べれるカキを育てている。
見学行ってきました。
同行の皆さんは北海道や東京からこの為に来たという、
飲食業者たち。
アメリカや東京大学の研究者たち。
熱いです。カキ。

大黒神島。
かなり大きな無人島です。
生活排水が流れ込まない海。大事です。

透明な海からカキがあげられます。

カキ開けるの慣れてる方が多いです。
そういうカキマスター達が注目している産地ということですね。

カキはミネラル感の食べ物だと思います。
ミルキー感が主役ではない。
あくまでピュアでキレがあって、
澄んだ海に飛び込んだ時の様な香りと味でないと。

あやしい白衣姿の入場。

毎日、公的機関で検査に出し、
毎週、独自の検査もする。
綺麗な海と、この検査が両輪だと感じました。

「先端」という新進気鋭のカキの子供。
干すことで筋トレになるらしいです。
弱いものは死んでしまう。厳しい世界です。

社長さんから熱い説明を聞くみなさん。
開け方講習も。先っぽから開けるのがポイント。
そして、
自分で食べたいの開けて食べてね。
と。
こんなにカキでお腹いっぱいになったのは初めて。
ここのカキを食べるとほっとするんです。
安心して生で食べれるカキがある。
広島のカキもやれるんだと。
これがスタンダードになる日が来るといいな!!
生カキが広がると、
それに合うパンはしっかりしてないと負けるから、
良いパンも増えるはずです!!!
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。