生牡蠣を食べる時はパンです!

僕が一番たくさんパンを食べるのは、生牡蠣を食べる時です。

刺身に日本酒も好きです。

イカの塩からにはご飯です。

しかし、こと生牡蠣に関しては、日本男児の誇りがあっても、パンが合うのです。

どころか進みすぎるのです。

時には、しっかり負けを認めることも日本男児の美学です。

牡蠣にレモンを絞ってちゅるっと。繊細すぎるミネラル感と塩気と酸味です。

そこにバターを塗ったパンのコクと香ばしさをひとくちふたくち。

余韻に浸りつつ、ドライな白ワインでキリッとさせる。

これは、これだけは、

和食にはない、

純粋にミネラルの美味しさを味わうヨーロッパの知恵であり食文化です。

一度堪能していただくとわかるはずです!!

離島+湧き水+塩田跡地、

というミラクルな条件のスズキファームさんの牡蠣とパンのセット。

もちろん今年もはじまりました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。