研修生中山くんのスペイン巡礼、ミッションはパンと美女

昨年の1月〜4月、研修生をしていた中山くんが、
スペイン巡礼1000キロの旅をした。

ピレネーを越えて、サンティアゴ・デ・コンポステーラに着いて、

普通、そこが一応ゴールなのだけど、

そこからさらに大西洋のムシアまで歩き。

なんとさらに、

写真は無断で使ってます。許して中山くん!

ポルトガルのポルトから巡礼を再スタート、
サンティアゴ→ムシア、まで行ったらしい。

1000キロどころでなく、
何キロ歩いたんだいったい?!

途中では、
スペインで立ち寄ったパン屋に研修を直談判したり(断られた)、

おやじは怖かったらしい。

スペイン、ポルトガルのパン事情を潜入調査したり、


なによりも、
密命、
ヨーロッパ美女の写真、
もしっかりと送られてきたりした。

なんかムカつく。。

今までは、
さんざん、
ギャグがつまらない、とか、
キモいとか、
バカにしていた中山君だけど、

”はじめて”

やるな。

と思いました。

”旅するパン屋”
の称号を与えてもいいな、と思いました!
おめでとう!!

ちなみに、まだ、
「旅パ検定」6級だけど。

成長するには、
やっぱり旅です。
というか、
旅しか無いです。

とくに、
男はあまちゃんなので、(海女ではなく甘ちゃん)
旅出て、
自分のチキンなところをまざまざと見せつけられて、
ギャフンとなりつつ、
もんもんとしつつ、
ブレイクスルーめざして進むしかないのです。

そういうのを経てない大人(男)は、
チキンを隠すために、
周りにやたら厳しい人になったりするので、いやです。

中山くん、
きっと会っても、
そんなに変わってないと思います。
先ほどの話と矛盾しますが、
人間そんなに変わりません。

でも、
少し人生の角度が変わったはず、
3度変わっただけでも、先に進むほどどんどん開いていく。
今は少しの変化だけど、
10年後なんて別世界です。

飲んで旅話するのが楽しみです。
(ギャグはつまらなさそうだけど)

インスタグラムで写真あげてるみたいなので、
見てあげてください。
図に乗るのでフォローはいいです。(^^)
https://www.instagram.com/_daisukepan_/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

新しい世代のパン屋「弥栄窯」

関連記事

  1. 薪でパンを焼くのはエコなのエコじゃないの?教えてQ博士!

    「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」 薪でパンを焼くのはエコなのだろうか? 幸せな冬は過ぎてし…

  2. みんなネコです

    私は仕事が遅いです。計画をたてて仕事ができない。。はたして、ものごとが、計画通り行くことって…

  3. 久寿司はダシがちがうのです

     ドリアンの隣りに寿司屋がある。 寿司を食べ、  熱燗を飲んで、 それから、そうですね〜、…

  4. 心がゆっくりするパン

    どんなに、物事のスピードがアップしても、心の移動は、常にゆっくりだ。ヨーロッパへ旅をする。…

  5. 臭覚がマヒ

    「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」 石窯の温度がバラバラだ! 風邪をひきました。 のどが痛く…

  6. 泣きながら学級委員長になったかわいそうな話

    朝刊の一面。投票率の低さに、「ビリー・ザ・ブートキャンプ」しかも(応用編)、で怒りを発散、…

  7. スタッフ募集2009

    突然ですが、販売スタッフの募集です。正社員およびパートタイム、どちらも募集しております。…

  8. すばやさが2上がりました

    私はドラクエ世代だ、小学生の頃、”ドラゴンクエスト3”の発売日には、近所のスーパーに5時から…

コメント

    • caron
    • 2017年 8月 14日

    はじめまして。
    未経験ですがパン屋さんで働きたい、修行したいと思い検索していたところ、こちらのブログの10年前の記事に辿り着きました。
    他の記事もいくつか見させて頂きましたが、捨てないこと、菓子パンのこと、研修生受け入れのこと、考え方や感じ方にとても興味が湧きました。
    関東に在住なのですが、ドリアンさんが営業再開してから、是非お店に伺ってみたいと思っております。

    • ドリアン田村
    • 2017年 8月 14日

    こんにちは!
    興味をもっていただいてありがとうございます。
    パン屋希望でしたら、見学もできますので、せっかく広島来て頂けるのでした、ご一報くださいませー。

      • caron
      • 2017年 8月 16日

      ありがとうございます!
      そのときは是非ご連絡させて頂きます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP