新しい世代のパン屋「弥栄窯」

僕が今一番注目している、ホットでナウなパン屋に行ってきた。

京都丹後にオープンした「弥栄窯」だ。

店主の太田くんは、
フランスを中心にヨーロッパの農家パン屋で住み込みを経験し帰国し、
築120年の茅葺屋根の古民家に移り住み、
畑をやり(ゆくゆくは麦畑も大きくなりそう)、
見事なフランス式の薪窯を手作りし、
パンを焼く。

ちなみに、
粉は石臼で挽き!
手でこねる!!!

最近の20代と話していると、
この形を夢見ている人が多い気がします。

まずしっかりヨーロッパを見てきて、
都会を離れて暮らし、
畑もやりながら、
土地に根付いたパンを焼きたい。
という発想。

うちに来る人達だから、偏っているのかもしれないけど、
でもこれはパン屋にとどまらない、大きな流れに思える。

思えば、彼らの世代。
バブルもはるかに過ぎてから生まれ、
青春時代に震災、原発事故を体験しているのです。
新しい流れを起こさないはずがない!!

上の世代よりも、
食というものをより重要に真剣にとらえてる。

ゆとり世代と揶揄する人たちもいるけど、
僕は、この世代が新しい時代を築くと確信しています。

そして、
少し上の僕ら世代でそんなパン屋を体現しつつある、
北海道の「ソーケシュ製パン」や「おおば製パン」とも、
窯作りのアドバイスもらったりと、
しっかり繋がっているのも頼もしい。

パン屋の新世代の先頭を切った「弥栄窯」。

チェックしないと、乗り遅れますよ!!

↓太田くんとちえちゃん夫妻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。