新しい世代のパン屋「弥栄窯」

僕が今一番注目している、ホットでナウなパン屋に行ってきた。

京都丹後にオープンした「弥栄窯」だ。

店主の太田くんは、
フランスを中心にヨーロッパの農家パン屋で住み込みを経験し帰国し、
築120年の茅葺屋根の古民家に移り住み、
畑をやり(ゆくゆくは麦畑も大きくなりそう)、
見事なフランス式の薪窯を手作りし、
パンを焼く。

ちなみに、
粉は石臼で挽き!
手でこねる!!!

最近の20代と話していると、
この形を夢見ている人が多い気がします。

まずしっかりヨーロッパを見てきて、
都会を離れて暮らし、
畑もやりながら、
土地に根付いたパンを焼きたい。
という発想。

うちに来る人達だから、偏っているのかもしれないけど、
でもこれはパン屋にとどまらない、大きな流れに思える。

思えば、彼らの世代。
バブルもはるかに過ぎてから生まれ、
青春時代に震災、原発事故を体験しているのです。
新しい流れを起こさないはずがない!!

上の世代よりも、
食というものをより重要に真剣にとらえてる。

ゆとり世代と揶揄する人たちもいるけど、
僕は、この世代が新しい時代を築くと確信しています。

そして、
少し上の僕ら世代でそんなパン屋を体現しつつある、
北海道の「ソーケシュ製パン」や「おおば製パン」とも、
窯作りのアドバイスもらったりと、
しっかり繋がっているのも頼もしい。

パン屋の新世代の先頭を切った「弥栄窯」。

チェックしないと、乗り遅れますよ!!

↓太田くんとちえちゃん夫妻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

旅するパン屋⑫/レトロ・イノベーション

研修生中山くんのスペイン巡礼、ミッションはパンと美女

関連記事

  1. ドイツ、スイスへパン屋を見に行った

     大学生の頃、 ドイツ、スイスにパン屋を見にいったことがある。 その時ギャフンと痛感したのは。…

  2. パン屋とマクロビオティックの関係

      ドリアンは、よくマクロビオティックのパン屋、だと間違えられる。僕は、マクロビには友好的…

  3. ワイン会報告

    今回もやってくれました。スタッフのメンデさん。写真ピンぼけです。。でもご安心下さいませ、公…

  4. ヤギは美味しい

    沖縄に住んでいた時、近所のおじさんに混ぜてもらって、ヤギを捌いた事があります。結構、豪快な捌…

  5. 旅をする技術

    僕は旅が好きだ。モンゴルを馬で横断したい。亜寒帯の森を何ヶ月も歩きたい。頭の中は旅の企画で一…

  6. のびのびと根を張りたいのだ

    私、相変わらずアスファルトを掘ってます。ご来店の方はお気づきでしょうが、昨年のオリーブの木から…

  7. ゆげの立つ季節

     「焚き火を囲んで眠る学校」 僕は冬が好きだ。 とってもきれいだからである。 中でも湯気=ゆ…

  8. ”旅”に持っていきたくなるパン

    ここのところ、毎日、ヨーロッパのカンパーニュをイメージした、香りや味わいの強く、更にしっかり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP