新しい世代のパン屋「弥栄窯」

僕が今一番注目している、ホットでナウなパン屋に行ってきた。

京都丹後にオープンした「弥栄窯」だ。

店主の太田くんは、
フランスを中心にヨーロッパの農家パン屋で住み込みを経験し帰国し、
築120年の茅葺屋根の古民家に移り住み、
畑をやり(ゆくゆくは麦畑も大きくなりそう)、
見事なフランス式の薪窯を手作りし、
パンを焼く。

ちなみに、
粉は石臼で挽き!
手でこねる!!!

最近の20代と話していると、
この形を夢見ている人が多い気がします。

まずしっかりヨーロッパを見てきて、
都会を離れて暮らし、
畑もやりながら、
土地に根付いたパンを焼きたい。
という発想。

うちに来る人達だから、偏っているのかもしれないけど、
でもこれはパン屋にとどまらない、大きな流れに思える。

思えば、彼らの世代。
バブルもはるかに過ぎてから生まれ、
青春時代に震災、原発事故を体験しているのです。
新しい流れを起こさないはずがない!!

上の世代よりも、
食というものをより重要に真剣にとらえてる。

ゆとり世代と揶揄する人たちもいるけど、
僕は、この世代が新しい時代を築くと確信しています。

そして、
少し上の僕ら世代でそんなパン屋を体現しつつある、
北海道の「ソーケシュ製パン」や「おおば製パン」とも、
窯作りのアドバイスもらったりと、
しっかり繋がっているのも頼もしい。

パン屋の新世代の先頭を切った「弥栄窯」。

チェックしないと、乗り遅れますよ!!

↓太田くんとちえちゃん夫妻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

旅するパン屋⑫/レトロ・イノベーション

研修生中山くんのスペイン巡礼、ミッションはパンと美女

関連記事

  1. 材料を原価で売りますセール

    おかげさまで、ブログも書けない程の忙しさです。お店にはじめて行列ができました。これが行列か!…

  2. 夏休みはセミ採りばっかりします。セミはエビの味がする!

    (↑肖像権無視で使用させていただいた「禅ぱん」オリデさんのなぜかセピア色のおもいでフォト。一緒に山…

  3. チーズ

    「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」  チーズはみんなたいがい好きだ。 うちの4歳の甥っ子も…

  4. 雨がざんざん降っていて車の窓は曇りやすい

    朝パンを焼いて、車で八丁堀店まで配達する。車にパンを詰め込んだあと、戸締りをして車に乗り込む…

  5. ワインとチーズとイタリア料理とパンの会

    麺好きの私、フランスに行ったとき、どうしてもパスタが食べたくなりまして、店に入りそれらしいもの…

  6. パン屋が恋愛をかたる

      となりで働いているあの子や、 あちらで笑っているあの子が、 そんな素敵な恋愛をしているなん…

  7. 天然酵母について

    パン屋のブログなのに、天然酵母について書くの、はじめてです。。僕が天酵(長いので略します!)…

  8. 始まった気がしました

    今日、待ちに待った粉が届いた。国産で有機栽培の小麦粉だ。別に再開後は「有機のパン」というのを名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP