シュトーレンはイワシ缶と一緒にやってくる


もう20年も前、
東京で大学生活を送っていた頃、
実家から届いた段ボール箱を開けると、

「元気でやっていますか?」
というメモと一緒に、缶詰やラーメンやらが入ってた。

そしてこの冬の風が冷たくなってくる頃、
必ずシュトーレンも入ってくるのだ。

大学を卒業して一人暮らしして、
色んなところで住んだけど、
どこにもこの段ボール箱はやってきた。

シュトーレンがイワシ缶たちと届くのだ。

友達にも振る舞いつつ、
クリスマスがくるな〜、
とワクワクしたものです。若いですね。

そんな、
先代の時代から30年も焼いていたシュトーレン。
今はいろいろな考えがあって作れないのですが、
残しておきたいのです。
種の保存。

なので今年も、
シュトーレンのパン教室やります。
全てお伝えいたします。

今までのパン教室の反省をふまえ、
今回は種づくりもします!!
盛りだくさんで、ただひとつの心配は、、
時間内に終わるかどうかです。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「シュトーレンのパン教室」
日時:12月21日(日)9時〜16時
場所:ドリアン堀越本店
定員:12名
参加費:15000円(昼食、材料のおみやげ付き)
駐車場は人数分無いので無しとさせていただきます。
近くのコインパーキングをご案内します。(歩いて10分ぐらい)
最寄り駅はJR向洋駅(歩いて15分くらい)
お申込み:info@derien.jp
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

シュトーレンからパンデピスへ交代します。

幽霊出るところは苦手です

関連記事

  1. 恩返し

    僕の20代はずーと、恐ろしく貧乏だった。定期的にお金が手に入る、ということとは無縁の生活。…

  2. お客さん自慢と渡哲也

    もう大晦日。今年は長い一年でした。ヨーロッパでドキドキしっぱなしでした。そんなだと長く感じるも…

  3. もぐら日和

    春先の、まだ肌寒い曇天の日。ひんやりと薄暗い室内から、外に出ると、いつのまにか、一面の青…

  4. マニア心をくすぐる

    岡山で発行されている雑誌、『aube.2号』で特集していただきました。レストラン・ジェランさん…

  5. シャロム・ヒュッテ

    先日の定休日に、長野のシャロム・ヒュッテに行ってきました。数年前から縁があって、オーナーの臼…

  6. 緊張感いただいてます

    もし、レストランへ、パンの卸しをしていなかったら、うちのパンは、あまり良いものになっていな…

  7. 座禅体験で邪念を痛感

    以前からずっとやりたいと思っていた、”座禅”を、ついに今日やってきた。(→絵は今日の教えられ…

  8. それはまさに、茶色の川とサックスじいさんザリガニのセッション

    19才の頃、アメリカのニューオーリンズへ一人旅をした。土手に登って、ミシシッピ川を見たとき、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP