パン屋を親子でするもんではないけど。。


もうパン屋を引退して5年くらい経った父が、
水墨画展に作品を出してる”らしい”ので、
(照れて言わない)
仕事後に見に行った。

なぜか絵を見て、
不覚にも少しうるっときてしまった。

なんでだろ。
身内びいきもあるけど、
展示作品の中で一番好きだったし、
なにより、
父らしい絵だな、と思った。

一緒に仕事してた時は、毎日のように、もう何百回と、
怒鳴り合い、掴みかからんばかりに、喧嘩した。
(ちなみに家では一度も喧嘩なんかしたこと無い)

だからこそ、筆使いがわかる。
というか、ああ、こういうところ父らしいな、と感じた。

器用でない。
おおざっぱ。
写実的才能はない。
バランス感覚もない。
なんかゆがんでる。。

でもそんなのは気にしない、
馬鹿正直なほどのまっすぐさに、
ほんのり熱いものを感じた。

それが、うるっとの原因かも。

パン屋での喧嘩の日々は本当に辛かったけど。
それは、
不良が川の土手で殴り合いの喧嘩して、
ゴロゴロ草の上を転がって、
空見てハーハー言って、

「おまえ、やるじゃねえか」

と、分かり合える。
というのに、似ていなくもない。

本気でやり合わないと分からないことってある。
けど、普通それはなかなか親子間ではないこと。

まあ、
今となっては、あれはあれで良かったのかな。
私も少し大人になった、秋晴れの日でした。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セルジュさん料理通信を台無しにする

栗のパンで愛の頭突き!

関連記事

  1. 総選挙前に「しあわせ曲線」

    もう5年も前のことになりますでしょうか。その登場があまりにもセンセーショナルであり、一部には「過…

  2. ワインとチーズとパンの会

    ドリアンの床は、木の床です。汚れやすいし、手入れも必要で、大変だけど、、使えば使う程、…

  3. 大人の足音

    2才の甥っ子が、ベビーカーでねむっている。明日から忙しくなるので、姉が手伝いに来てくれている…

  4. まさかパチンコ雑誌に

    載せてもらえるとは感激です!「お客さん、それで打ち止めになりますんで」懐かしいフレーズです。…

  5. 暑さは依然ギラギラ。男は喉ごしだ!

    暑いです。昔モンゴルにいた時、草原をポコポコ馬に乗っていき、ゲル(草原の家)に入ると、ドン…

  6. 松山千春

    今日もあいかわらず、松山千春の唄を聞きながら、ときにシャウトしながら、パソコン仕事をしていま…

  7. 遭難しました

    山に登るのには、地図が必要ですが、現在地を見失うと、地図は役に立たない。遭難する。毎日付…

  8. かほり

    昨年末、フランスから届いたこの封筒。開けると、ほんのかすかに、フランスの香りがした。行った…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP